お腹いっぱいなのに やせられる3食ごはん

お腹いっぱいなのに やせられる3食ごはん

お腹いっぱいなのにやせられるレシピ②
朝からしっかり食べるならこの和食!

 3週間続けたくなる、タンパク質を中心としたおいしくて満足度の高いレシピをボディワーカーの森拓郎さんに教えてもらいました。食材や1食分の量を参考にアレンジもOK。

» 第1回 ふわとろオムレツ朝食は絶品!
» 第3回 彩り豊かなヘルシー弁当
» 第4回 お酢パワーでさっぱりランチ丼
» 第5回 見栄え抜群のごちそう夕食
» 第6回 夜遅くても食べやすいあっさり味

朝からしっかり食べるなら和食で

朝ごはんは卵や納豆を主役に

「タンパク質は炭水化物や脂質に比べて、消化にかかる熱量が約3倍! タンパク質たっぷりの朝食にすれば腹持ちがよいうえ、食べるだけでカロリーを消費できるというメリットが。ただし人によって食事のパターンは異なるので、朝は食欲がない人は、朝食は省いて、昼と夜で必要な栄養素をしっかり摂ることにしても大丈夫です」(森さん)

◆「蒸し野菜の胡麻酢だれ」のレシピ

■材料
・ブロッコリー:3片
・いんげん:3本
・スナップエンドウ:3本
・練りごま:大さじ1
・醬油:小さじ1
・米酢:小さじ1
・ごま油:小さじ1/4

■作り方
(1) ブロッコリーを小房に分ける。スナップエンドウはすじを取って半分に斜め切りする。いんげんはヘタを取り、4等分に切る。調味料はすべて混ぜ合わせておく。
(2) 野菜を蒸し器で2分蒸し、調味料と和える。

» ポイント
蒸し野菜は素材を大きめにカットするのがポイント。嚙みごたえがあるので満足感がアップ。しかもよく嚙むことで栄養の吸収も高まる。

◆「トマト納豆」のレシピ

■材料
・ミニトマト:3個
・納豆:1パック
・粒マスタード:小さじ1/2

■作り方
(1) ミニトマトをくし切りにする。
(2) 納豆にミニトマトを加え、付属のたれと粒マスタードで和える。

» ポイント
ビタミンB群が豊富な納豆と、抗酸化力の高いミニトマトのコンビ。彩りもよく、粒マスタードが絶妙な味のアクセントになる。

◆「温泉たまご」のレシピ

■材料
・卵:1個

■作り方
(1) 鍋で湯を沸かし、卵を殻ごと入れてすぐに火を止め、12分置く。
(2) 中身を崩さないように容器に割り入れる。

» ポイント
お湯に入れて待つだけなので、簡単に調理を済ませたい時に心強いレシピ。火が入りすぎないように蓋をせず、かき混ぜないのがコツ。

※レシピは1人分。副菜は作りやすい分量で記しています。ご飯の量は80gが目安です。

●今回、お話を伺ったのは……

森 拓郎(もり たくろう)さん
ボディワーカー。自身のスタジオ「rinato」にて、ボディメイクやダイエットを指導。モデルや女優などからも支持を集める。ダイエットに関する著書も多く、最新刊『オトナ女子のための食べ方図鑑』(ワニブックス)など、累計部数30万部を突破。

<この記事の掲載号>

CREA 2017年7月号

食べて遊んで、今年もリラックス!
明日のためのハワイ。

特別定価800円

購入はこちら

2017.06.28(水)

Text=Sachiko Nomura
Photographs=Tamon Matsuzono
Cooking & Foodstyling=Yuka Kuroda

※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

CREA 2017年7月号

同じテーマの記事

もっと見る

FEATURE

もっと見る

GOURMET} 新着記事

もっと見る

  • X BRAND
  • ILTM
ページの上部へ