中村恭子のゆるマクロビをはじめよう

中村恭子のゆるマクロビをはじめよう

ココナッツクリームと塩麹で仕上げる
乳製品ゼロの冷製ポタージュの作り方

 穀物や野菜を中心とした食事法、マクロビオティック。この連載では旬の食材を使った簡単マクロビレシピを紹介します。オールベジとは思えないしっかりしたおいしさと食べごたえは、週末のブランチや友人の集まるパーティレシピにもぴったり。ストイックになりすぎない「ゆるマクロビ」をはじめましょう。

◆「ナス」のマクロビレシピ

ナスの冷製ポタージュ

 「ナス」には、最近注目されているファイトケミカル(植物の持つ天然の化学物質で注目の栄養素)が豊富に含まれており、これは色で分類されます。

 特に、赤(トマト、すいか等)や緑(ほうれん草、ブロッコリー等)、紫(ナス、赤しそ等)、橙(人参・かぼちゃ等)は強い抗酸化作用を持つものとしてアンチエイジング対策などで注目されています。

 今回はナスとジャガイモを合わせ、冷たく冷やしていただくポタージュスープのレシピをご紹介します。また、味付けに使う塩麹を加熱しないため酵素をたっぷり取り入れることができるレシピとなっています。

 ただし、マクロビ的にナスは強い陰性(体を冷やす、暑い季節に良く育つ)に分類される野菜なので、冷え性の方は、酵素の働きはなくなってしまいますが温めると良いでしょう。冷・温どちらでもおいしくいただけるレシピですので、その日の気分で変えてみてもいいですね。

» 旬の食材/「ナス」の詳細

<次のページ> 「ナス」のマクロビレシピ

2016.08.09(火)

文=中村恭子
撮影=秋元良平

同じテーマの記事

もっと見る

GOURMET} 新着記事

もっと見る

  • ILTM
ページの上部へ