「さつま芋」のマクロビレシピ

■材料
・さつま芋:200g
・玉ねぎ:100g
・自然塩:少々
・塩麹:大さじ1+1/2~
・昆布出汁:200cc
・無調整豆乳:100cc
・仕上げ用豆乳:100cc

・黒こしょう:お好みで少々

■作り方
(1) 切手大にカットした昆布を200ccの水につけて30分以上置く。玉ねぎは薄切りに、さつま芋は皮ごと7、8mmの輪切りにする。
(2) 鍋に自然塩少々と玉ねぎとさつま芋、昆布出汁100ccを入れて蓋をして弱火で加熱する。さつま芋に火が通ったら、残りの昆布出汁100ccと塩麹、豆乳100ccを入れてフードプロセッサーにかけてペーストにする。

さつま芋に竹串を刺して火が通ったかどうか確認する。

(3) 鍋に戻し入れ、仕上げ用の豆乳100ccを加えて温め、器によそう。お好みで黒こしょうをふる。

※フードプロセッサーを使用するとホクホクした食感が残るペーストになる。ミキサーを使用するとなめらかな仕上がりに。お好みで使い分けると良いでしょう。

今回のマクロビレシピに
欠かせない食材はこれ!

» 豆乳

» 塩麹

中村恭子 (なかむら きょうこ)
地産地消料理研究家/健康管理士
クシマクロビオティックス・コンシェルジュ/食育アドバイザー
2011年東京都より長野県茅野市に移住。同年、自身のプロデュースするオールベジの焼き菓子を提供するCafe 楢 Oak(カフェオーク)をオープン。また地産の伝統野菜を紹介するイベントの企画・運営や、それらを使ったオールベジ料理・菓子のメニュー開発等を行う。東京都目黒区のセレクトショップ「essentia(エッセンティア)」にて、焼き菓子を販売。
ブログ(毎週水曜日更新) http://www.cafe-oak.net
※カフェの営業はゴールデンウィーク・夏季シーズンのみ
Facebook https://www.facebook.com/kyoko.nakamura.18
essentia(エッセンティア) https://www.facebook.com/essentiag/?fref=ts

撮影/秋元良平 http://ryohei-akimoto.jp | Facebook

Column

中村恭子のゆるマクロビをはじめよう

蓼科・東京を中心に活躍する、マクロビオティック・コンシェルジュ、中村恭子さんの提案する簡単マクロビメニュー。オールベジとは思えないしっかりしたおいしさと食べごたえは、菜食女子ばかりでなく、肉食女子や酒豪女子からも大人気。まずは週末だけでも、ゆるマクロビをはじめてみませんか?

2017.09.19(火)
文=中村恭子
撮影=秋元良平

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!