夏の軽井沢ならではの逸品!
鯉料理をフレンチスタイルで

◆星野リゾート
 軽井沢ホテルブレストンコート

 東京から新幹線でわずか1時間。「星野リゾート 軽井沢ホテルブレストンコート」のメインダイニング「ブレストンコート ユカワタン」(以下、ユカワタン)は、軽井沢の美しい木立の中に佇む小さなレストランだ。

 “日本人の感性に寄り添う、五感で味わうフレンチ”を楽しませてくれるため、多くの美食家たちに愛されており、足繁く通うリピーターも数多い。

2019年8月10日(土)〜9月15日(日)までの期間限定で提供される、夏にふさわしい爽やかな味わいの冷前菜“鯉のショーフロア”(写真)やアペロを含むディナーコース全9品、18,000円(税・サ別)。ビジター利用可。要予約。

 そんなユカワタンでこの夏、ぜひ味わいたいのが“鯉のショーフロア”だ。これは、信州で古くから食されてきた鯉に、クラシックなフランス料理“ショーフロア”を施したもの。

 信州の清らかな水で育った野菜をはじめ、川で捕れる桜鱒や岩魚などを、滋味あふれる繊細な味わいの料理に仕立てて提供する。これをユカワタンでは“水のジビエ”と呼び、メニューづくりのコンセプトとしている。

 信州の四季と食材を知り尽くしたユカワタンだからこそ誕生した、夏の“水のジビエ”メニュー。それが“鯉のショーフロア”なのだ。

ユカワタンでは、“水のジビエ”をコンセプトに、信州の清らかな水で育った野菜や魚などの自然の恵みを、滋味あふれる料理に仕立てている。写真は、旬の魚が獲れる清流湯川。

 ちなみに夏の鯉は、冬に比べて脂が少なく、口当たりがさっぱりとしているのが特徴だという。“鯉のショーフロア”は、洗いとマリネにした鯉に、白ワインとエルダーフラワーの冷やしたソースをかけ、冷製仕立てにアレンジ。

 夏の鯉の旨みと、コリコリとした食感を最大限に引き出しているのはもちろん、和のイメージが強い鯉を“驚きと発見”のある料理へと昇華したひと品ともいえる。

夕暮れの時刻に木々の中で行われるアペロでは、シャンパンなどの食前酒とアミューズをまずは楽しんで。森を抜ける風が肌にやさしく、涼風もごちそうになるアペロは、夏夜のディナーへの期待を高めてくれるはず。

 食前酒とおつまみを楽しむアペロ、冷前菜の“鯉のショーフロア”などを含む、夏のコース料理は、2019年9月15日(日)までの期間限定での提供。

 避暑やショッピングを楽しみつつ“驚きと発見”のある夏の信州グルメを味わいに、ぜひ軽井沢へ!

種類豊富なワインや日本酒と料理のペアリングも、ユカワタンならではのお楽しみ。緑の中の非日常空間で、美食に酔うひと時を。

星野リゾート
軽井沢ホテルブレストンコート ユカワタン

所在地 長野県軽井沢町星野
電話番号 050-5282-2267
http://yukawatan.blestoncourt.com/

Column

至福のホテル最新ニュース

ラグジュアリーなリゾート、洗練されたシティホテル、和みの温泉旅館……。
世界の津々浦々から、とっておきの最新情報をお届けします!

文=立花奈緒(ブレーンシップ)