まさかのロングヒット曲
初見の衝撃を振り返る

 申し訳ない。今回のネタは「勝手に再ブーム」ではなく、「明らかに再ブレイク」である。もう彼らについてはTV雑誌ネットレイディオとあらゆるメディアがガンガン特集を組み、私がしたり顔で発信できる新しい情報など一つもない。

 漂う「今さら」感……。

 が、書かずにゃいられないのだ、DA PUMP再ブレイクについてのひゃっほう浮かれ節をッ。

 きっかけは、ある日の動画検索。いきなり彼らがビミョーなファッションに身を包み、ミラーボールに恋していたのである。

 エッこれDA PUMP? 私が知ってるDA PUMPと人数違うけど? いやDA PUMP好きだったけど。今でも時々「胸焦がす…」聴いて泣くけど。カラオケで「if…」を歌い、ラップの部分を持て余し立ち尽くしたりするけど!

 嵐のように襲う「けど、でも、エッ!?」。しかし、見ているうちにそんなものはどうでもよくなり、熱いモノがこみあげてきた。

 私は今、猛烈に感動している……!

 オッサンアーティストのライブではほとんど聞いたことがない「エル・オー・ブイ・イー!」という可愛らしいにもほどがあるコールに包まれながら、優しい顔で歌うISSA。

 そして笑顔がキラッキラでキャラクターの濃い6人、DAICHI、KENZO、TOMO、KIMI、YORI、U-YEAH。速攻で公式サイトに飛んでいき、メンバーの名前をチェケラッチョしたくらいだ。

 ヤダもう全員イケてる(惚)! フィーリングーッ!

2018.09.26(水)
文・撮影=田中 稲
写真=文藝春秋

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!