朝はおかゆがあればいい

朝はおかゆがあればいい

白いおかゆを引き立ててくれる
味わい広がる「常備菜」レシピ

「煮卵」のレシピ

■材料(作りやすい分量)
・卵:3個
・酒:120mL
・醬油:大さじ3
・砂糖:大さじ2強
・乾燥赤唐辛子:1本
・長ねぎの白い部分:5cm×2本

■作り方
(1) 小鍋に酒、醬油、砂糖、赤唐辛子を入れて強火にかけ、砂糖が溶けてアルコール分が飛んだら火を止める。保存容器に入れる。
(2) ねぎは網で全体をこんがりと焼く。熱いうちに(1)に入れ、そのまま常温で冷ます。
(3) 卵をゆでる。鍋に卵がかぶるくらいの量の水を入れて強火にかける。沸騰したら冷蔵庫から出してすぐの卵をお玉などでそっと入れ、中火で7分ゆでる。
(4) 卵を流水にとり、しっかり冷ます。殻をむいて(2)に漬ける。ひと晩たったらおいしくなり、冷蔵庫で3日ほど保存可能。

オカズデザイン[フードユニット]
吉岡秀治さん、知子さんによるフード+デザインのユニット。「時間がおいしくしてくれるもの」をテーマに、書籍や料理監修、器の開発などを手掛ける。

<この記事の掲載号>

CREA 2017年4月号

いいものだけをシンプルに
美容の整理整頓、はじめる。

定価780円

2018.04.16(月)

Text=Mei Hojo
Photographs=Shinsaku Kato
Cooking=OKAZU DESIGN
Styling=Mariko Nakazato

※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

CREA 2017年4月号

同じテーマの記事

もっと見る

FEATURE

もっと見る

GOURMET} 新着記事

もっと見る

  • ILTM
ページの上部へ