穀物や野菜を中心とした食事法、マクロビオティック。この連載では旬の食材を使った簡単マクロビレシピを紹介します。オールベジとは思えないしっかりしたおいしさと食べごたえは、週末のブランチや友人の集まるパーティレシピにもぴったり。ストイックになりすぎない「ゆるマクロビ」をはじめましょう。

◆「新じゃが(じゃがいも)」のマクロビレシピ

春野菜のオイルフォンデュ

 「新じゃが(じゃがいも)」は、利尿を促しむくみ解消に効果的なカリウムの含有量が野菜類でトップクラスのためデトックス効果が期待できます。また、豊富に含まれるビタミンCは、主成分であるデンプンに包まれているため、加熱しても壊れにくく、調理の幅が広く使いやすい食材です。

 今回紹介するのは、新じゃがのオイルフォンデュレシピ。新じゃがは皮ごと使うことで、ビタミンCを逃さず丸ごと摂れます。新じゃが同様に旬である新玉ねぎと春キャベツとを組み合わせ、上質なエキストラバージンオリーブオイルがおいしさの決め手となります。

 手間をかけず、コツもなし。素材任せの簡単なお料理ながら、おもてなしにも喜ばれる一品です。今だけの旬の味、春野菜の旨みをとことん堪能して下さいね。

» 旬の食材/「新じゃが(じゃがいも)」の詳細

<次のページ> 「新じゃが(じゃがいも)」のマクロビレシピ

2018.03.13(火)
文=中村恭子
撮影=秋元良平

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!