みなさま、アロハ!

 第5回の「ごほうび、ハワイ」は、マウイ島で参加したい3つのツアーをご紹介します。究極のパイナップル・マウイゴールド農園ツアー、クラの高原野菜を収穫して、その場で食事もできる農園ツアー、そして、三日月形の無人島・モロキニ島で、透き通った海を泳ぐシュノーケリングツアー。

 マウイ島を訪れたら、体験ツアーがオススメ! 特別なごほうびは、ハワイで。

人生が変わるパイナップル
その名は「マウイゴールド」

箱いっぱいにマウイゴールド。

 パイナップルには多数の品種がありますが、その中でもマウイ島で有名なのがマウイゴールドです。

 その農園をめぐる「マウイ・パイナップル・ツアー」では、成長過程を見学しながら、パイナップルの収穫までをたどります。1350エーカーの畑を回る手段は、バス。

このバスに乗って、パイナップル畑を巡ります。

 パイナップルは、1年半から2年の月日をかけて成長します。この農園では、毎週30エーカーにパイナップルの苗を植えていて、スタッフ1人が1日に植える苗からは、なんと6000個ものパイナップルがなるんだとか。びっくりですね。

左:パイナップルの茎の部分が植えられている。
右:約1.5カ月で、花が咲く。

 ツアーはまず、このパイナップルの苗が植えられている畑の見学から始まります。苗を植えてから、約1.5カ月でかわいらしい花が咲きます。

バスで移動しながら畑を回る。

 そして、ついに、成長したパイナップルに出会います。実のついたパイナップルが、広大な畑にびっしり育っています。インスタ映えすること間違いなしですね! ちなみに、こちらの畑では、年間約3100万個ものパイナップルが実るそうです。

左:青空の下、成熟したパイナップルが一面になっている。
右:ずっしりとしたパイナップルが沢山。

 このツアーのお楽しみは、なんといっても、パイナップル畑でパイナップルをお腹いっぱい試食できること。ガイドさんが、パイナップルをカットしてくれます。

パイナップル畑の中でマウイゴールドを試食できます。

 このマウイゴールドを食べると、ちょっと酸っぱいパイナップルに慣れていた今までのパイナップル人生が変わります。それもそのはず、このマウイゴールドは、酸度が15%、糖度が85%のバランスでできています。例えばドール社のパイナップルは、酸度が30%で、マウイゴールドに比べるとちょっと酸っぱいようです。

 日本に輸入されるパイナップルは、熟す前の酸度が高い、まだ青いうちに世界中から出荷されるので、酸っぱいのだそうです。

 ここで食べるマウイゴールドは、糖度も高いベストな状態で食べることができます。とっても甘くておいしいパイナップルをパイナップル畑で堪能できるのです!

 さらに、ツアーでは、1人につき1個まるごとのマウイゴールドをお土産にもらえます。ただし、残念ながら日本には持ち帰ることができませんので、ハワイ滞在中にご賞味くださいね。

Maui Pineapple Tours
(マウイ・パイナップル・ツアー)

所在地 883 Haliimaile Road, Makawao, Hawaii
電話番号 808-665-5491
https://mauipineappletour.com/

●農園ツアー
開催時刻 9:30~、11:45~(毎日2回催行)
料金 大人 65ドル、小人(5歳以上) 55ドル
※ホテルへの送迎なし、オンライン予約

<次のページ> 新鮮野菜を使ったランチ付きの農園ツアー

2017.12.20(水)
文・撮影=宮本紗絵(ハワイ州観光局)

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!