美食の伊勢志摩で訪ねたい 地元の名店6選

美食の伊勢志摩で訪ねたい 地元の名店6選

全国の食通が訪れる伊勢の寿司店
「こま田」の珠玉の12品をご紹介

 伊勢海老、鮑、鮮魚、海藻と揃った、伊勢志摩の海の幸。料理人がそれぞれに腕を振るった料理はどれも個性に溢れ五感を刺激してくれる。気鋭の寿司店から、地元で長く愛される居酒屋、新しいフレンチまで、多彩な口福の数々。スタイルや雰囲気は違っても、地元ならではの美食を堪能できる顔ぶれが揃う。

» 第2回 老若男女に愛され百年「一月家」
» 第3回 郷土料理も揃う居酒屋「向井酒の店」
» 第4回 漁師が営む魚居酒屋「大家族」
» 第5回 鉄板フレンチ「ラ ターブル ダキ」
» 第6回 旬を盛り込む一皿「ココット山下」

寿司も空間も凜として端正
全国に知られる江戸前寿司

◆ こま田 (こまだ)

左:江戸時代からの古い町並みが残る河崎にある。
右:駒田さんのキリッとしつつも柔らかな笑顔に緊張がほぐされる。ともに切り盛りする奥さまの心配りもまた見事なものだ。
寿司同様、キリリと美しいネタ箱の中身。仕事ぶりはもちろん、並べ方にも店主のセンスを感じる。

 海の幸に恵まれつつも江戸前寿司を堪能するのは難しかった伊勢志摩に、救世主のように現れた「こま田」。店主の駒田権利さんは伊勢で寿司店を営んでいたものの37歳にして一念発起。今はロンドンに移転した東京「あら輝」の門を叩いた。「シャリの美味しさが衝撃的でした」と駒田さん。修業の後に帰郷。2013年に店を再開した。

 伊勢・河崎に立つ古民家を改装した空間は、赤い絨毯が印象的なカウンター6席。漂う清潔感が心地よい。寿司はつまみから始まるおまかせ一本だ。赤酢を使いほんのり温もりあるシャリはまろやか。

 握られた寿司は駒田さんの姿勢同様キリッと美しく、口にすればふわりとほどける。築地から届く全国のネタを中心にしながらも、なまこやあこや貝、赤むつなどその時々の地物も織り交ぜる。塩や山葵、地酒も三重のものを使うなど、伊勢ならではのアクセントもまた嬉しい。再開以来、瞬く間に寿司好きが全国から通うようになったのも納得の一軒だ。

カウンター6席だけのため予約は必須。2カ月前の1日から受付開始。

<次のページ> 光り輝く垂涎の12品をご紹介

2017.05.06(土)

取材・文=大和まこ
撮影=志水 隆

※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

CREA Traveller 2017年春号

同じテーマの記事

もっと見る

FEATURE

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • X BRAND
  • ILTM
ページの上部へ