働くママのスケジュール公開!

働くママのスケジュール公開!

妊娠判明後すぐ保活と実家近くへ引越し!
天職を続けるために子育ての環境を整える

市川摩衣子(いちかわ まいこ)さん
家族:夫、長女3歳、実母

会社名:unsarto(アンサルト)
肩書き:ディレクター、ヘア&メイクアップアーティスト

天職である美容師を続けられる道を常に模索

大きな画像を見る

 「美容師歴21年。子どもは3歳」の市川さん。とても明るく若々しく、気風のいい姐御肌の女性だ。

 小学生のころから美容師になりたいと思い、悩むことなく高校卒業ののち専門学校に入学、19歳で美容師の世界へ。

 その後、店を変わったことはあっても、職を変えようと思ったことは一度もなく、21年という月日を重ねてきたというから、まさに天職といっていいだろう。

 人生の転機においても「やめるか」ではなく「どうやったら続けられるか」という視点で工夫をし、働き続けてきた。

 美容師歴は21年。メイクアップアーティスト歴は15年。

 現在は南青山の美容室「unsarto」(アンサルト)で、ヘアセットもメイクもできるヘア&メイクアップアーティストとして働く。店に出るのは週に2、3回。そのほかの日は、ヘアメイクの撮影で仕事時間が早朝から深夜になることもあれば、ロケの撮影では数日出張が続くことも。流行の先端を行く職業であり、ヘア&メイクアップアーティストのプロとしてアンサルトでも貴重な人材だ。

 美容師として技術的に限界を感じ、「これ以上自分は上達できないのではないか」と落ち込んだ時期に始めたのがヘアメイク技術の習得だという。

 「美容師としての技術を活かしながらほかの技術を習得したことは、今になって思えば自分の価値を上げられて、本当によかった」と語る。

接客中、笑顔を絶やさない市川さん。子育て中の女性の美容相談に乗ることも多い。

妊娠発覚後、すぐ保活

 30代になって結婚して妊娠したときに、市川さんはすぐに保活を始めた。

 まずは、それまで住んでいた目黒区から、夫婦ふたりの母が住む千葉県に引っ越し。産後は45日しか休まずに、一時預かりと母たちのヘルプで仕事に復帰。産後60日目からは子どもを週2回無認可保育園に預け、ほかの日は夫、義母、実母、実の妹のヘルプで乗り切る。保育園は、日曜・祝日や時間外の預かりが可能な園を選択。それも都心ではなかったからこそできたことかもしれない。

 千葉県に引っ越すことで、通勤時間は往復で2時間ほどと増えはしたが、ヘルプの手が増え、子どもにとっての環境も良くなった。

 会社側も、市川さんがそこまで頑張るなら、と応援体制を整えてくれた。

広々としてスタイリッシュな店内はベビーカーも入りやすく、ママたちのおしゃれ心をくすぐる。

 産後半年目からは、月に20日預けられるようになり、その後、通っていた無認可保育園が認可保育園となったことで、さらに仕事のできる日数が増えた。

 保活は大変だが、必ず道はある。そして細い道でも必ず広がる。市川さんは「運が良かった」というが、自ら動かなければ道も開けないだろう。

ママ向けサービスの充実を図る

 そのころ、unsartoの客層にママが増えてきたため、ママ用サービスを充実させることに。ヘアだけではなく、ネイルやメイク、マッサージなどをサービスとして取り入れたり、毎週水曜はキッズルームを作ったり、ママたちが来やすい美容室となるよう、工夫を重ねた。

毎週水曜はキッズルームができるので、ママたちがたくさん訪れる。

 現在は、月に一度現役の幼稚園の先生に来てもらい、子どもたちがキッズルームで工作できる日を設けている。また、顧客であるママが講師となってイベントを企画するなど、お店も、お客も、双方にとってうれしいアイデアが次々と生まれている。もちろん市川さんを始め、子育てママたちの意見が反映されていることは言うまでもない。

 次ページでは市川さんの両立術をご紹介!

<次のページ> おしつけない、期待しない、ちょっと我慢する

2016.07.28(木)

文・撮影=HITOMINA

同じテーマの記事

もっと見る

BABY} 新着記事

もっと見る

  • ILTM
ページの上部へ