音楽ビジネスとITに精通したプロデューサー・山口哲一。作詞アナリストとしても活躍する切れ者ソングライター・伊藤涼。ますます混迷深まるJポップの世界において、この2人の賢人が、デジタル技術と職人的な勘を組み合わせて近未来のヒット曲をずばり予見する!

 さて、近々リリースされるラインナップから、彼らが太鼓判を押す楽曲は?

【次に流行る曲】
Shout it Out「青春のすべて」

SUPER BEAVERの柳沢亮太がプロデュース

伊藤 今回は、10代限定の夏フェス「未確認フェスティバル2015」で3254組の中からグランプリになった平均年齢19歳のギターロックバンド“Shout it Out”。そのメジャーデビューシングル『青春のすべて』です。

山口 未確認フェスティバルはTOKYO FMで10代から人気のラジオ番組「SCHOOL OF LOCK!」が中心になってやっているコンテストですね。こんなバンドが出てきてるんですね?

伊藤 そうなんですよね。全然知りませんでした。とにかく彼らの音を聴いて、まずイメージしたのは、レモンを搾った瞬間にほとばしる飛沫と爽やかな香り。半端ないフレッシュさですね。

山口 作詞家らしい表現ですね。でも、本当にそうですね。不思議なことに、音だけでも若さの勢いが伝わるんですよね。

伊藤 プロデューサーの柳沢亮太(SUPER BEAVER)によってスーパーに並べるには十分な色形に整えられたけど、隠すことのできない“酸っぱさ”というか。サウンドもスタイルもカッコイイし、申し分ないクオリティなんだけど、10代が持っている未熟さや大人には出せない奔放さ、それらがスパイスになって音に表れていますね。

<次のページ> 「青春」という言葉の持つニュアンスとは?

2016.06.29(水)
文=山口哲一、伊藤涼

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!