マレーシアごはん偏愛主義!

マレーシアごはん偏愛主義!

これぞ魅惑の南国デザート!
ココナッツスイーツ大好きランキング

 マレー半島とボルネオ島北部にまたがる常夏の国、マレーシア。実はこの国、知る人ぞ知る美食の国なのです。そこでこの連載では、マレーシアの“おいしいごはん”のとりこになった人たちが集う「マレーシアごはんの会」より、おいしいマレーシア情報をお届け。多様な文化が融け合い、食べた人みんなを笑顔にする、とっておきのマレーシアごはんに出会えますよ。

常夏の国マレーシアで愛されているココナッツスイーツ

マレーシアのカキ氷の王様「アイスカチャン」。ゼリーや豆のほか、細くカットしたココナッツの実なども入り、赤いシロップやココナッツミルクがたっぷりとかかっている。

 最近人気の「ココナッツ」を使用した食ベ物やドリンク。日本のスーパーでも数多く並び、ココナッツ好きとしては嬉しくなるほどの浸透ぶりですが、やはりココナッツと言えば南国ですよね。常夏の国マレーシアももちろん例外ではなく、古くから愛されてきた食材なのです。たとえば、以前ご紹介したナシレマッチキンカレーなどは、ココナッツミルクを使用した代表的なマレーシアごはん。そしてもちろん、スイーツにも使います!

 マレーシアでココナッツを使ったスイーツを探してみると……、それはそれはバリエーションが豊か! カキ氷などの汁物からもちっとしたういろうのようなお菓子、そして焼き菓子までと、その守備範囲はかなり広いのです。

ココナッツミルクを使用したカラフルなお菓子「クエ」を売る屋台。路上などで早朝から売られ、朝ご飯に買っていくマレーシア人も多い。ういろうのような味わいで日本人にも人気。

 ココナッツを使ったマレーシアスイーツは、素朴な甘みで和菓子を思わせるような味わいも多く、日本人はきっと気に入る味が目白押しです。というわけで、今回はマレーシア偏愛主義者である私が、マレーシアのココナッツスイーツを勝手にランキング! マレーシアに行ったらぜひ食べていただきたいスイーツを、一挙ご紹介いたします。

 3ページ目に、マレーシアの街角でココナッツを使ったお菓子やカヤトーストを売るお店の数々を、動画でご紹介しています。今すぐ買いたくなってしまうお菓子がいっぱいです。ぜひご覧ください。

【第5位】
不思議な名前だけれど、ほっこりあたたか「ボボ・チャチャ」

 まずご紹介するのは、ちょっと不思議でかわいい名前の「ボボ・チャチャ」。マレー語で「具だくさんなお粥」といった意味。お粥と言ってもお米は入っておらず、サツマイモやタロイモ、そしてカラフルなゼリーなどをココナッツミルクで煮込んでいます。

左:見た目も鮮やかでかわいらしいボボ・チャチャ。基本的に温めていただくスイーツで、どことなく日本のお汁粉を思い出させる、ほっこりとした味わい。
右:人気ローカルチェーンカフェ「ニョニャ・カラーズ」のボボ・チャチャ。具の内容はお店によって少しずつ違いはあるものの、どれも具だくさんで食べごたえがある。

 ココナッツミルクとサツマイモの甘み、加えてほくほくとした食感の相性が抜群! マレーシア人は「お母さんが作るボボ・チャチャが一番好き」という人も多く、とてもポピュラーなスイーツと言えます。ちなみに、以前ご紹介したローカルチェーンカフェ「ニョニャ・カラーズ」でも、このボボ・チャチャはいただけますので、ぜひ試してみてください!

<次のページ> お土産にもぴったり! ココナッツタルト

2016.05.13(金)

文=三浦菜穂子
撮影=三浦菜穂子、古川音

同じテーマの記事

もっと見る

GOURMET} 新着記事

もっと見る

  • ILTM
ページの上部へ