来月、流行るJポップ チャート不毛時代のヒット曲羅針盤

来月、流行るJポップ チャート不毛時代のヒット曲羅針盤

英国の国民的番組から飛び出した
噂の中年歌手を秋元康がプロデュース

 音楽ビジネスとITに精通したプロデューサー・山口哲一。作詞アナリストとしても活躍する切れ者ソングライター・伊藤涼。ますます混迷深まるJポップの世界において、この2人の賢人が、デジタル技術と職人的な勘を組み合わせて近未来のヒット曲をずばり予見する!

 さて、近々リリースされるラインナップから、彼らが太鼓判を押す楽曲は?

【次に流行る曲】
Stevi Ritchie「Come on! Come on! Come on!」

あのワン・ダイレクションも同窓!

伊藤 今回はスティービー・リッチーです、って言っても誰って話だよね(笑)。スティービーはイギリスの人気オーディション番組「Xファクター」出身のシンガーで、歌が上手いわけではないんだけど、不思議な魅力と愛嬌のあるキャラクターでファイナリストにまで選ばれた、イギリスではかなりの人気者。

山口 強烈な個性ですね。暑苦しいとか鬱陶しいとか、そんな言葉がぴったりのキャラ。それでいて憎めないし、一度観たら忘れられない。

伊藤 そうなんです。スティービーの“鬱陶しくて憎めないキャラクター”って狙ってなれるものではなく、いわゆる“天然”ってやつですね。プライべ-トでも、やはり「Xファクター」出身のシンガー、クロエ・ジャスミンとの交際から婚約と世間を賑わせています。

山口 「Xファクター」は、イギリスで大人気のオーディション番組で、レオナ・ルイスを始め、ワン・ダイレクション、リトル・ミックスと、数々のスターを生み出しています。スティービー・リッチーも注目ですね。

伊藤 そのスティービーの日本デビュー、実は秋元康プロデュースという、なんとも刺激的な企画になっています。日本ではまったく無名のスティービーが秋元康の手でどんなシンデレラボーイになるのか、興味深い!

山口 楽しみですね。日本とイギリスで同じ楽曲がリリースされることもありそうですね?

伊藤 するんじゃないですか。これって考えようによっては、秋元康の世界進出ということでもあるように思います。しかもそのデビューシングル曲「Come on! Come on! Come on!」はCWF(コーライティングファーム/山口が塾長、伊藤が副塾長を務める「山口ゼミ」修了生による、作曲家チーム〈外部サイト〉)メンバーによるコーライティング曲、オレもディレクターとして参加しているので、秋元康がどんな仕掛け方をしていくのか、楽しみにしています。

<次のページ> Jポップとウォシュレットの共通点とは?

2016.03.15(火)

文=山口哲一、伊藤涼

同じテーマの記事

もっと見る

CULTURE} 新着記事

もっと見る

  • X BRAND
  • ILTM
ページの上部へ