“レオーニ”で秋旅のワードローブをまとめて、品格と官能の世界を満喫。
バッグ¥115500 スカーフ¥46200/すべてブルガリ(ブルガリ ジャパン) サングラス¥40950/ブルガリ(ブルガリ アイウエア事業部)

 “LEONI(レオーニ)”とはイタリア語でライオンのこと。古代ギリシャ・ローマ時代は“高潔・権力・威厳”の象徴だった。1960年代、これをブレスレットのモチーフに採用したのがブルガリ。眩い宝石で彩られた2頭のライオンが、挑発するように向き合うデザインは、当時の広告ビジュアルにも登場。大きな話題になったという。

 さて、ライオンのブレスレットは近年、様々な素材になってブルガリのアイテムを飾っている。バッグの留め具やサングラスのテンプル、スカーフのプリント……。雄姿は変わらず威厳に満ち、アイテムには品格と官能が宿る。秋、“レオーニ”で古代ギリシャ・ローマ時代、そして60年代のローマに誘われてみたい。

photo by Kaz Arahama
fashion direction & text by Mami Sekiya

この記事の掲載号

安らぎのトスカーナ。

CREA Traveller 2011年秋号

安らぎのトスカーナ。

定価 980円(税込)

詳しくは
こちらへ

CREA Traveller 2011年秋号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在は異なる場合があります。