和の宿を味わう「旅館道」 星野リゾートのおもてなし

和の宿を味わう「旅館道」 星野リゾートのおもてなし

「星野リゾート 界 伊東」で
源泉かけ流しの湯を幾通りも楽しむ

星野リゾート 界 伊東(前篇)

 温泉を備えた旅館を味わい、その土地ならではの文化や自然の魅力など日本を再発見する旅「旅館道」。このコラムでは、「和心地」な温泉旅館をコンセプトとする星野リゾートの「界」と「現代を休む日」をコンセプトにした和のリゾート「星のや」を巡りながら「旅館道」を楽しみます。

 今回の宿は、東京から車でも電車でも2時間以内という近さにあって、心落ち着く佇まいの「星野リゾート 界 伊東」。かけ流しの湯に浸かる寛ぎの旅を紹介します。

旅館道 その1
「大浴場や足湯、源泉プールで美肌の湯を堪能」

扁額の書とカサブランカの大輪やしだれ柳など華やかな生け花がエントランスを飾る。

 始まりは平安の昔といわれる歴史ある伊東の温泉。江戸時代には、3代将軍家光にいで湯を献上し、明治に入って以降は、幸田露伴、川端康成、与謝野晶子・鉄幹など多くの文人に愛されてきた。

 そんな伊東の豊かな湯の宿「星野リゾート 界 伊東」に着くと、玉砂利のゆるやかなアプローチの向こうに、エントランスが光の中に浮かぶ。

 そこにかかる扁額飾るのは「壼中日月長」の文字。意味を聞くと、「壼の中には別天地があって、楽しく時を過ごしていると、いつの間にか長い月日が流れていた」という、中国の『後漢書』にある故事に由来する禅語だという。なるほど、非日常への入り口にふさわしい言葉だ。

内風呂の湯船から階段が続いて、湯に入ったまま露天風呂の方に移ることができる。

 「界 伊東」では、4本の源泉から採った湯を、全館でかけ流しとして使っている。大浴場では、ほのかな木の香りと肌触りが優しい古代檜の大きな湯船が、そのままゆるやかに露天の岩風呂に続く。湯殿の縁に枕木があってゆっくりできる内風呂と、野趣に富む外風呂になっているのだ。

左:プライベートな湯の時間を楽しめる家族風呂にも露天風呂が付いている。
右:内風呂として客室に備えられた露天風呂も源泉かけ流し。

 長湯をしすぎないよう、何回もこまめに入るのが、美肌の湯を楽しむコツ。プライベートな湯の時間を楽しめる家族風呂は、宿泊当日の予約が必要(先着順)。露天風呂付き客室も全34室のうち5室設けられている。

日本庭園を眺めながら寛げる足湯。
こちらの湯上り処に置かれた飲み物を片手に一休みしてみては?

 そして、日本庭園を眺めながら入れる源泉かけ流しの足湯と、一年中適温に保たれた源泉プールもある。湯上り処には、冷たいビールと季節のフルーツゼリーなどが置いてあって、ほっと一息つける。源泉プールには、子供用のライフベストやデッキチェアなども備えられ、家族で楽しむことができる。

広々とした源泉プールは、一年中30度前後の適温。

<次のページ> 日本庭園と純和風の客室で和心地に浸る

2016.02.27(土)

文=小野アムスデン道子
撮影=鈴木七絵

同じテーマの記事

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • X BRAND
  • ILTM
ページの上部へ