古関千恵子の世界極楽ビーチ百景

古関千恵子の世界極楽ビーチ百景

「アドリア海の真珠」の異名を取る
ドゥブロヴニクを楽しみ尽くす方法は

#066 Dubrovnik
ドゥブロヴニク(クロアチア)

ジブリの名画『紅の豚』の舞台のモデルにもなった美しい街

約2キロの堅牢な城壁で囲まれた旧市街。街の約7割が崩壊した17世紀の大地震の際も、この城壁は壊れなかった。

 アドリア海に面した、クロアチア最南部の都市ドゥブロヴニク。オレンジ色の屋根で埋め尽くされた旧市街は、ジブリ映画『紅の豚』の舞台のモデルにもなり、“中世の東欧”のイメージそのもの。その美しい旧市街の佇まいは1979年に世界遺産にも選ばれた、別名“アドリア海の真珠”と呼ばれるクロアチアきっての人気スポットです。

プラツァ通りと並行して走る細い路地に、レストランやバーがずらり。雑貨ショップやブティックを偶然見つける楽しみも。

 旧市街は海に浮かんだ、いわゆる飛び地領土。約2キロの分厚い石の城壁で囲まれ、西のピレ門を中心に、北と東の3カ所に門があり、橋で本土と結ばれています。ピレ門から街へ入ると、ルジャ広場へと続く、メインストリートのプラツァ通りが。その両サイドに脇道が幾筋も走っています。

 石造りの建物に挟まれた、細い路地に適当に入ると、ブティックや雑貨店、ジェラート店などが、生活圏に紛れ込むように立っていたりします。目抜き通りと並行した小道は、テーブルと椅子が並べられた、いわばレストラン街。遅い昼下がりまで、ゆっくりとランチと談笑を楽しむ人々を見かけます。

ルジャ広場近くに出現する青空市場。手頃なお土産品を探すのにも好都合。

 ふと路地から見上げると、建物は接近しながらも、窓が微妙にずらして作られてあることに気付いたりします。お隣さん同士、プライバシーを守り合っているのですね。

 ルジャ広場近くでは、クロアチア・カラーの赤×白のパラソルがびっしり並んだ、活気溢れる青空市場が。香り高いラベンダーの手作りの石鹸やはちみつ、工芸品などの屋台が並び、お土産探しも楽しい雰囲気。船着場に面した東のポンテ門付近にもオープンエアのレストランがあり、ツーリストで賑わっています。

<次のページ> 城壁の上やロープウェイの中から街を眺める

2015.10.17(土)

文・撮影=古関千恵子

同じテーマの記事

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • X BRAND
  • ILTM
ページの上部へ