マレー半島とボルネオ島北部にまたがる常夏の国、マレーシア。実はこの国、知る人ぞ知る美食の国なのです。そこでこの連載では、マレーシアの“おいしいごはん”のとりこになった人たちが集う「マレーシアごはんの会」より、おいしいマレーシア情報をお届け。多様な文化が融け合い、食べた人みんなを笑顔にする、とっておきのマレーシアごはんに出会えますよ。

涼しげ? それとも衝撃? マレーシアのカラフルごはん

 「カラフルごはん」という言葉を聞いて、皆さんはどのような色合いをイメージするでしょう。世界にはたくさんの料理があり、カラフルに色づけされたお米を目にします。たとえば、黄色いご飯と言ったら、インドのサフランライスやスペインのパエリア。日本ではおめでたい料理として、赤く色づけされたお赤飯もありますね。では、「青いご飯」はどうでしょう……。青く色づけされた料理はなかなか見ることはないのでは? ところが、これまでご紹介してきたちまきクエにも「青」というキーワードが登場したように、なんとマレーシアにはあるのです! 青いご飯が! 詳しい解説はともかく、まずはその「青いご飯」をご覧いただきましょう。

日本人には衝撃的な青いご飯。いったい何で色づけされているのか分からず、旅先で見かけたけれど食べる勇気が出なかった……という経験談もよく聞く。
マレー半島東側の町では、食堂に行くとおかずとともに青いご飯が並んでいる。このご飯に、お好みでおかずやソースをかけていただく。

 初めて見る人には「ええっ! 青っ!?」と衝撃を与えてしまう、マレーシアの青いご飯。青、というよりはほんのり水色がかった爽やかな色合いで涼しげ~、と偏愛主義の私は思ってしまいますが、きっと初めて目にする方には、摩訶不思議なご飯に見えることでしょう。

<次のページ> 青色の正体は鮮やかな花びらの色素

2015.09.04(金)
文=三浦菜穂子
撮影=三浦菜穂子、古川音