仕事に対する考え方を変えたドラマ「Q10」

――ドラマ「Q10」では、死と隣り合わせで毎日を生きる久保役が、じつに印象的でした。

「Q10」は初め、僕に来ている役が違ったんですよ。でも、あるとき二転三転して、プロデューサーさんに「あの役なら、やれる気がするんです」と言ったら、「分かった」と言ってくださったんです。そんな選択肢があったことに驚いたし、ここまで自分に期待してくれる人がいるんだったら、これはやるべきだろうと。そのときから、とにかく一回やってみないと分からないと思えるようになった。そうやって、自分を広げていっているんだろうと思いますけど。でも、あのときほど、TVの力って大きいと思ったことはありませんね(笑)。

次回更新分では、最新出演作『横道世之介』についてのほか、今後の目標についてなど、たっぷり語ってもらいます~

池松壮亮(いけまつ そうすけ)
1990年7月9日生まれ。福岡県出身。2001年にミュージカル「ライオンキング」でデビューし、03年の映画初出演作『ラストサムライ』では第30回サターン賞で若手俳優賞候補になる。05年の『鉄人28号』で初主演を果たした後、『DIVE!!』『半分の月がのぼる空』などでも主演を務める。現在は映画・ドラマのほか、CM(日本生命『みらい創造物語』シリーズ)にも出演中。

『横道世之介』
大学進学のため、長崎県の港町から上京した横道世之介(高良健吾)。同じサークルに入部する同級生の倉持(池松壮亮)など、周囲の人間を引き付ける魅力を持ち、頼まれたことは何でも引き受ける性格である彼。そんななか、お嬢様の祥子(吉高由里子)から一方的に好かれてしまう。
yonosuke-movie.com
(C)2013『横道世之介』製作委員会
2月23日、新宿ピカデリーほか、全国ロードショー

くれい響 (くれい ひびき)
1971年東京都出身。映画評論家。幼少時代から映画館に通い、大学在学中にクイズ番組「カルトQ」(B級映画の回)で優勝。その後、バラエティ番組制作を経て、「映画秘宝」(洋泉社)編集部員からフリーに。映画誌・情報誌のほか、劇場プログラムなどにも寄稿。

Column

厳選「いい男」大図鑑

 映画や舞台、ドラマ、CMなどで活躍する「いい男」たちに、映画評論家のくれい響さんが直撃インタビュー。デビューのきっかけから、最新作についてのエピソードまで、ぐっと迫ります。

2013.02.22(金)
text:Hibiki Kurei

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!