トム・クルーズと共演した『ラストサムライ』など子役時代を経て、今や日本映画界を支える若手実力派俳優へと成長した池松壮亮(いけまつ・そうすけ)、22歳。高良健吾演じる主人公の大学の同級生・倉持を演じた『横道世之介』の公開を控えた彼に、これまでのキャリアについて振り返ってもらった。

野球カード欲しさで受けたオーディション

――10歳のとき、舞台「ライオンキング」でデビューされた池松さんですが、お姉さんと一緒にオーディションを受けて、同時に合格されたんですよね?

 そうですね。姉は福岡の事務所に入っていて、子役みたいなことをやっていたので、オーディションには前向きでした。僕は全然前向きじゃなかったんですが、親が度胸試しの意味で、受けさせたんですよ。その頃の僕は、野球しか興味なくて、あまり人前に出れるような性格じゃなくて、まぁ今でもそうなんですけど……。でも、ちょうどほしい野球カードがあって、親から「万が一受かったら、ボックス買いしてあげる」と言われたんで、受けたんですよ。今でもオーディションのことはよく覚えていますけど、ボソボソ話していましたね(笑)。

――当時の池松さんの将来の夢といえば、俳優より野球選手だったということですかね。

 TVや映画はほとんど見ていなかったですし、役者になりたいなんて考えたこともなかった。小学校のときは野球選手になりたい……いや、なれると思っていたんですよ。だから、「ライオンキング」に出ても、まだ役者をやろうなんて意識は全然なかったですね。とはいえ、どこかで何かをつかんだという感触はあるわけです。初めて舞台に立って、終わった後に初めて親の涙を見たりすると、子供ながらに何かひっかかるんですよね。

――それは演じることの楽しさに気付いてしまった……ということでは?

 やはり、楽しさに気づいてしまったんでしょうね。イヤイヤとはいいながらも、その後もオーディションに行くわけで、本当にイヤなら、絶対に受けないと思うんですよ。こんな自分でも人のためになれるんだ、と思ったら、やれてしまう。でも、役者になるつもりはない……みたいな(笑)。

<次のページ> 現在のベースとなった『ラストサムライ』の現場

2013.02.22(金)
text:Hibiki Kurei

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!