ソウル、釜山、その他の地方から52店を紹介

著者の鄭銀淑さんは、2010年より日本からの旅行者の飲み歩きに同行するミニツアー「ソウル大衆酒場巡り」を行っている。www.k-word.co.jp

 昨年から今年にかけ、BS-TBSで放送中の「おんな酒場放浪記」が密かな人気を博すなど、主に下町にたたずむ居酒屋や大衆酒場のディープな魅力に目を向ける若い女性が急増している。

 そんな渋い趣味を持つ読者におすすめしたい一冊が登場した。タイトルは『韓国酒場紀行 ソウル、釜山、地方 消えゆく庶民のオアシスを求めて』。

 本書は、ソウルから30軒、釜山から9軒、その他の地方から13軒の趣深い大衆酒場を紹介している。

 著者の鄭銀淑(チョン・ウンスク)さんは、1967年に韓国の江原道で生まれた女性。日本留学を経て、現在、ソウルにて執筆、翻訳、取材コーディネートといった分野で活躍している。これまでに上梓した著書は、『マッコルリの旅』『韓国・下町人情紀行』『韓国の人情食堂』など。韓国の酒場とそこにあふれる情を語らせたら右に出る者はない。

 美男美女が登場する韓流ドラマやKポップ、デジタル家電メーカーなどばかりがクローズアップされる最近の韓国だが、実は、近代化が進み始めたのは1970年代のこと。そのため、韓国庶民の生活が豊かになったのは90年代を迎えてからだと著者は指摘する。

<次のページ> 使える韓国語フレーズ講座など、実用性も十分

2013.02.21(木)

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!