トンカツや天ぷらなど専門店は昔からあるけれど、今までになかった珍しい専門店、味を極めた進化形の店に会えるのは東京だからこそ。TVディレクターで、食べ方学会の会長でもある市島晃生さんに、おすすめの専門店を紹介してもらいました。


◆横濱 崎陽軒 シウマイBAR
 [丸の内]

シュウマイ専門店[マニア度:★★☆]

シウマイ全種盛り合わせ 800円。

 横浜の老舗だが、東京に集まる世界の人々に横浜名物を知ってもらうべくオープン。蒸し立てのシウマイ全種が味わえるのは全国でもここだけ。

シウマイカリー 980円(15:00まで)「カレーのしみたシウマイがたまらない」(市島さん)
ファンの多いシウマイ弁当の筍煮 300円。

「日本で一番売れている駅弁のシウマイが熱々で楽しめるまさかの専門店。シウマイ弁当のおかずで大人気の“筍煮”は女子にも好評。会社帰りや新幹線の待ち時間にシウマイでひとり一杯やれる気軽さもいい」(市島さん)

【食べ方流儀】

黒豚、特製シウマイから始め、いったんえび、かにで口中をさっばりさせる。季節限定の味を堪能し、最後は超定番「昔ながらのシウマイ」で落ち着く。合間に筍煮を食べる。

※価格はすべて税込表記です。

横濱 崎陽軒 シウマイBAR

所在地 東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅一番街B1 
電話番号 03-3201-5600
営業時間 10:00~23:00(ランチ 15:00 L.O.、シウマイ・点心 22:00 L.O.、ドリンク 22:30 L.O.)
定休日 施設に準ずる 
席数 16席(カウンターのみ)
http://kiyoken-restaurant.com/shiumaibar/

市島晃生(いちじま てるお)さん
[TVディレクター/食べ方学会会長]

1966年生まれ、神奈川県出身。TV番組「料理の鉄人」を経てBSフジ「極皿~食の因数分解」BSジャパン「奇跡の晩餐~ダイニングアウト物語」などを担当。港区在住だがゴールデン街、秋葉原にも遠征。著書は『食べ方図説 崎陽軒シウマイ弁当編』ほか。

2018.06.14(木)
Text=Kaori Minetsuki
Photographs=Ichisei Hiramatsu

CREA 2018年5月号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

この特集の掲載号

100人の東京ひとりガイド。

CREA 2018年5月号

東京がもっと、きっと好きになる
100人の東京ひとりガイド。

定価780円

東京を愛する100人の皆さんをナビゲータに、進化するホテル&ホステルから最新モーニング事情、話題のクラフトビール、看板猫にマンホール(!?) まで、今、東京でいちばん楽しい場所をご紹介します。キーワードはひとり。予約不要でふらり、気ままに春の東京を歩いてみませんか? あなただけの「東京」に出会えるはずです。

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!