木の葉を揺らす風の音に耳をすまし、何もしない贅沢な時間を楽しむ。忙しない日常の疲れを癒しに、大自然の中の宿へ出かけてみませんか。ありのままの自然に囲まれたネイチャーホテルを、国内外から10軒ご紹介。

他のネイチャーホテルを見る

頭上のオーロラを眺めながら
眠りにつく

[フィンランド]
◆Kakslauttanen
  (カクシラウッタネン)

「サーモ・ガラス」という特殊な素材で作られたイグルーは、ドーム内を快適な室温に保ちつつ、外気がマイナス30度以下でも曇らない。

 ベッドに横たわりながら夜空を一晩中満喫する――。そんな贅沢体験ができるのはドーム型のガラス・イグルーが有名なカクシラウッタネン。

オーロラと満天の星をベッドの中から眺めながら眠りにつく。

 冬はオーロラ観測や犬ゾリ、夏にはきのこ狩りやハイキング、白夜の幻想的な雰囲気を味わえる。

キャビンとガラス・イグルーが合体したレストラン。サウナや暖炉で暖をとりつつ長い夜を楽しんだ後は、ガラスルーフの寝室でオーロラを待つ。
広い敷地内にはレストランやサウナなどの施設が点在する。

 毎年8月には世界中の様々なアーティストの作品をホテル内に展示。神秘的な白夜の光の中でのアート鑑賞は特別な体験に。

暖炉で焼いたサーモン、温かいスープほか、ラップランドの郷土料理が充実するキッチン。

 イグルーが閉館する5月から7月末頃までは、暖炉のあるログキャビンでの宿泊がおすすめ。ホテル自慢のスモークサウナも体験の価値あり。

雪の季節の人気アクティビティは犬ゾリ。

Kakslauttanen(カクシラウッタネン)
所在地 Kakslauttanen, FI-99830 Saariselkä, Finland
電話番号 016-667100
1室2名料金(1名あたり) 1泊2食付 134ユーロ~
※ガラス・イグルーへの宿泊は8月22日~4月末まで
http://www.kakslauttanen.fi/ja/

2018.05.23(水)
Text=Mayumi Amano

CREA 2018年6月号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

この特集の掲載号

アウトドアのいいもの150。

CREA 2018年6月号

OUTDOOR, BEST OF BEST 150
アウトドアのいいもの150。

定価780円

「この特集に、もっと早くに出会いたかった!」。一冊を作り終えた現在の心境です。目の前の6月号には、「自分で作った雑誌に、かつてこれほど付箋をつけたことがあったかな」と驚くほどの量の付箋が……。もう、欲しいものばかり。〈アウトドアのいいもの〉が教えてくれた、「徹底的に機能性を考えるとデザイン的にも洗練される」という発見。今年いちばんワクワクしました。

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!