ブルー・ペパーズ福田直木の ダサすぎてむしろカッコいいAOR日本盤の帯

ブルー・ペパーズ福田直木の ダサすぎてむしろカッコいいAOR日本盤の帯

AOR日本盤の帯のキャッチコピーは
意表を突くルビ使いに注目すべし!

 1970年代後半から80年代前半にかけて、洋楽の世界を席巻したムーブメントがAOR。アダルト・オリエンテッド・ロックの略称である。

 この短期集中連載は、AORを21世紀に蘇らせる若き2人組ユニット、ブルー・ペパーズの福田直木が、黄金期AORの日本盤LPの帯に記された文章の濃すぎて深すぎる世界へとご招待。最も素晴らしい帯には、(福田)直木賞を勝手に贈呈いたします!

vol.3 ルビ篇

国語のテストなら絶対に点をもらえない奇天烈なルビがいっぱい!

 AORのレコードの帯を紹介するこのコラムの3回目は、帯のキャッチコピーにおけるルビ(読み仮名)にスポットライトを当ててみようと思う。

 ルビとは、本来は漢字の読み仮名を明示するためのモノだが、帯のキャッチコピー上ではしばしばその目的を逸脱し、クリスタルな雰囲気を醸し出すための手段のひとつとして使われていることがあるのだ。

 今回はそんなAORの帯における「ルビ文化」の世界を覗いてみよう。

<次のページ> 「都会」「瞬間」「旋風」を何と読む?

2018.03.22(木)

文=福田直木(ブルー・ペパーズ)
撮影=平松市聖

同じテーマの記事

もっと見る

FEATURE

もっと見る

CULTURE} 新着記事

もっと見る

  • ILTM
ページの上部へ