ちょっといいモノで、とっておきの時間

ちょっといいモノで、とっておきの時間

肌や髪と同じように、これからは
“歯にもトリートメント”が大人の新常識

 CREAで人気の長寿企画「とっておきの時間」に掲載した商品を編集M子とライターY子がお試し! リアルな使用感をお届けします!!

歯みがきのあとの仕上げケア
なめらかに輝く白い歯へ

デンタルローション「アパガードディープケア」は、いつもの歯みがきでは届きにくい歯と歯の隙間にも行き渡り、使用後のお口の中はスッキリ。(医薬部外品・薬用液体歯みがき)

M子 アパガードといえば、「芸能人は歯が命」、ですよね。あの忘れられないCMは、1995年ですって。なつかしい~。

Y子 あのCMで、歯の白さや、歯が人に与える印象を意識しはじめた人は、多いと思う。

M子 歯みがき剤で歯を白くするって、なんとなく研磨するようなイメージがあったんですけど、違うんですね。

Y子 アパガードのアプローチは、その真逆。

M子 歯とほぼ同じ独自のむし歯予防成分「薬用ハイドロキシアパタイト」がミネラルを補給してエナメル質を整えるって、よくよく考えるとすごいですよね。歯に補給ですよ。

Y子 歯のエナメル質の97%、象牙質の70%がハイドロキシアパタイトでできていると聞くと、歯には必要な成分なんだろうなって思うよね。

M子 10年もの開発期間で完成したデンタルローション「アパガードディープケア」は、通常のアパガードの歯みがき剤よりも、1回に口に含む薬用ハイドキシアパタイトが多いんですって。

Y子 乳液みたいに白くてトロリとしたテクスチャーに最初びっくりしたけど、使ってみると、本当に口の中がスッキリ。「歯にもトリートメント」という発想は、これまでにないものだよね。

M子 通常の歯みがきの後に、仕上げケアとしてもう一度「アパガードディープケア」を口に含んでブラッシング。考えてみたら、髪にはアウトバス用のトリートメントがあり、顔には美容液やシートマスクがあるのと同じですよね。

Y子 しかも、歯は健康の要でもあるし。

M子 本当に。「8020(ハチマルニイマル)運動」という、80歳になっても20本以上の歯を保とうというキャンペーンがありますけど、こんな運動があるってことは、なかなか20本残せないっていうことですよね。今は、親知らず含めて32本ですよ。これがそんなに減るのか! 怖い! ケアしないと!

Y子 自分の歯でしっかり噛んで、食べ物から栄養を摂取することが健康の基本!

M子 いつまでも白く美しい歯でいたいのはもちろんだし、毎日の歯みがきで歯の健康が保てるならば、ちょっとお高くても、いい歯みがき剤を使いたい。

Y子 私はいままで通り歯みがき剤は「アパガードプレミオ」を使って、夜のケアに「アパガードディープケア」のボトルタイプを追加するつもり。

M子 私は欲張って、1回分ずつのポーションタイプも常備しておこうかと。これなら会社にも持っていけるし、旅行にも便利だし。

Y子 歯も、肌も、髪も、ちゃんと効果を出すためには、忙しさを言い訳にせず、日々のケアをおろそかにしないようにしなくちゃね。

●EDITOR'S PROFILE

M子
40歳。CREA美容班を10年担当。小学生と園児の母で、好きな言葉は時短。

Y子
44歳。書籍企画で週一断食を実践。一男一女の母で、好きな言葉は効果。

CREA2017年12月号(11月7日発売)に掲載の特集記事「とっておきの時間」でもこちらの商品を紹介しています。

【PRESENT】
この記事に掲載した「アパガードディープケア」のボトルタイプ(250mL 2,700円)を10名様にプレゼント。この機会に、ツルツルの白い歯をぜひ目指してください!

» 応募はこちらから

2017.11.15(水)

構成=今富夕起

同じテーマの記事

もっと見る

FEATURE

もっと見る

LIFE_STYLE} 新着記事

もっと見る

  • ILTM
ページの上部へ