ちょっといいモノで、とっておきの時間

ちょっといいモノで、とっておきの時間

素材・デザイン・使い勝手を究めて
手の届く贅沢を叶えたメイクポーチ

 CREAで人気の長寿企画「とっておきの時間」に掲載した商品を編集M子とライターY子がお試し! リアルな使用感をお届けします!!

メイクする場所も、使い方も自由で
一度使うと手放せない!

取り外し可能なバニティ、鏡、筆入れつきポーチが三位一体となった「ファンクショナルメイクポーチ」。シリーズには同柄で全4型あるので、ライフスタイルにぴったりのひとつを見つけて。

Y子 ここしばらく、メイクポーチを新調していなかったから、今回はいい出合いでした。

M子 こういった身の回りアイテムは、出合いが大切ですよね。

Y子 探すと見つからないパターンに陥りがちだし、見た目と機能を兼ね備えたものは少ないから、見つけたら即購入しておかないと。

M子 アフタヌーンティー・リビングの「プレミアムコレクション」ラインというだけあって、生地にも高級感がありますよね。ブラックはシックで素材の質の良さがわかるし、リバティプリントのピンク系ピーコック柄も上品。

Y子 しっかりしたつくりで、中身を入れても型崩れしないような信頼感があるよね。

M子 機能面も秀逸で、細部への気づかいが行き届いてます。

Y子 右側の半透明なポーチにはペンシルホルダーがついていて、真ん中には角度を変えられる鏡、左側のバニティは取り外し可能で、ふたの裏側にはポケットティッシュケースまで。これさえあれば、フルメイクできちゃう。

M子 私は朝早く、日焼け止めだけ塗って出社して、誰もいない職場の机や会議室でメイクすることがあるんです。だから、立てて使える大きめの鏡が付いているのは、とても便利。

Y子 私も、1歳の娘がちょろちょろして目が離せない時期だから、洗面台にこもってメイクをするのが難しくて。このメイクポーチなら、リビングでサッと広げてメイクできて、片付けもラクラク。

M子 使い終わったあとパタンパタンとたたんで、最後にマグネットで留めるのが、しっかりお片づけした感じがあって楽しいですよね。

Y子 外出する日は、左側のバニティを取り外してバッグにそのまま入れればOKだから、出かける間際にバタバタ慌てずにすむし。

M子 場所を選ばない、片付けに手間取らない、モノが迷子にならずに探す手間が省ける。どれも小さいことかもしれないけど、毎日のこととなると、じわりじわりと有り難みが増してきます。

Y子 化粧水や乳液をミニボトルに詰め替えれば、コスメ関連はこれひとつにまとめて旅行にも行けるかも。

M子 私は余裕で行けます!

Y子 基本的なメイク道具が収まって、どこでもメイクできて、バニティを取り外せばコンパクトにもなって、旅行にも持っていける。

M子 うん。やっぱり、便利ですね、これ。

●EDITOR'S PROFILE

M子
40歳。CREA美容班を10年担当。小学生と園児の母で、好きな言葉は時短。

Y子
44歳。書籍企画で週一断食を実践。一男一女の母で、好きな言葉は効果。

CREA2017年12月号(11月7日発売)に掲載の特集記事「とっておきの時間」でもこちらの商品を紹介しています。

【PRESENT】
この記事に掲載した、アフタヌーンティー・リビング「Afternoon Tea PREMIUM COLLECTION ファンクショナルメイクポーチ」(ブラック 横16×縦11.5×厚み8cm 4,500円)を4名様にプレゼント。この機会に、ワンランク上のメイクポーチをぜひご体感ください!

» 応募はこちらから

2017.11.16(木)

構成=今富夕起

同じテーマの記事

もっと見る

FEATURE

もっと見る

LIFE_STYLE} 新着記事

もっと見る

  • ILTM
ページの上部へ