アルージェが生み出した 注目の敏感肌ケア

アルージェが生み出した 注目の敏感肌ケア

健康肌までが行きつく製薬コスメ!
“敏感肌”研究が生んだ「バリア保湿」

◆topic #05
バリアを、補うのではなく、生み出し、育てる
その時、肌の現在と未来は、はっきりと変わる

天然セラミドの効果を高める睡眠パックでスペシャルケア
スキンケアの最後に、毎日使える夜用スペシャルマスク。コメ発酵液、アボカドエキス、ノイバラ果実エキスなどを配合。使い続けることでハリのある肌に。アルージェ ウォータリーシーリングマスク 35g 3,000円/全薬工業

 例えば、手荒れ。顔にはさほどトラブルがないのに、手荒れにはずっと悩んでいるという人も少なくない。水仕事の後はハンドクリームを塗っているのに……。これは、バリアを作っても作っても、毎日の水仕事でそのバリアが流れてしまっている証。また、洗剤などに含まれる界面活性剤それ自体に負けている可能性も。そもそも手は、皮脂腺が少なく、天然の皮脂膜が作られにくい上に、酷使しているために肌荒れしやすい。それこそきちんとしたバリアを肌の中から作ってあげなければ、手荒れは解決しないのだ。

 同じように、バリアが失われた顔の肌は、一時的にバリアを補っても、補ったバリアは日々の洗顔だけで失われてしまう。だから敏感肌には「洗顔が怖い」という人も少なくないはず。まさにダウンのないダウンジャケットを着て寒風にさらされるような不安を、肌で感じるからなのだ。

 でも、自らバリアを育てていく能力を持つと、肌は環境に左右されることがない。空気の乾燥にも、ディープな洗顔にも揺らぐことがないのだ。これこそが、 与えるバリアと育てるバリアの決定的な違い。アルージェは、天然セラミド(※1)×ナノモイスチャーテクノロジーで、育てることに集中したアプローチ。その違いを、洗顔後の肌で、今すぐ実感して欲しい。

◆topic #06
バリア保湿が可能にした
まったく新しいシンプル
アルージェという正解

 アルージェの強みは、セラミドを育てるということのみならず、また低刺激処方を徹底したことのみならず、荒れた肌をいたわる肌荒れケア成分もきちんと備えていること。敏感肌ケアにとって、最も重要なこの三原則を、一つも妥協せずに取り揃えた時の相乗効果は、まさに計り知れないもの。肌トラブルを防ぎつつ、新たなリスクを与えず、なおかつ前向きに、 もうトラブルが起きない、丈夫な肌へと導いていく。そのトライアングル(下図参照)こそが重要なのだ。

 しかもアルージェは、敏感肌を克服するための、他にはないラインナップを作り上げている。肌荒れを防ぐ成分を複数配合した洗顔料。弱酸性でノンアルコール、敏感肌へのリスクを徹底的に排除したミストローション。天然セラミド(※1)で高い保湿力を持つのに全くべたつかないジェル乳液。そして、寝ている間に優れたバリアをしっかりと作り上げる、実は医学的療法(※2)の発想から生まれたウォータリーシーリングマスク。翌朝の肌が楽しみなくらいで、敏感肌ケアとは思えない。ミストやマスクでの保湿も、肌に物理的な刺激を与えないこだわり。

 アルージェは一品使うと、ラインナップで使いたくなる。そこまでの魅力と引力を持った敏感肌ケアって、あっただろうか?

※1 天然セラミド=ビオセラミド/セレブロシド(保湿成分)
※2 密封療法

» アルージェについての詳しい情報はこちらから

●お問い合わせ
全薬工業 お客さま相談室

電話番号 03-3946-1126 ※月~金曜 9:00~17:00(祝日を除く)
http://www.arouge.com/

<この記事の掲載号>

CREA 2017年10月号

触れて、感じて、ほっとする
リラックスするための美容。

定価780円

購入はこちら

2017.09.13(水)

文=齋藤 薫
撮影=吉田健一

※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

CREA 2017年10月号

同じテーマの記事

もっと見る

FEATURE

もっと見る

BEAUTY} 新着記事

もっと見る

  • ILTM
ページの上部へ