眠っている時間にちゃっかりきれいになれたら……。そのために大事なのは質のよい睡眠。睡眠のコツを快眠セラピスト三橋美穂さんに教えてもらいました。睡眠中の肌をサポートしてくれるアイテムも一挙ご紹介。

» 第2回 つけたまま眠る「ナイトパウダー」
» 第3回 飲んでから眠る「ビューティドリンク」

肌のゴールデンタイムはどの時間帯?

 よく「夜10時から午前2時は肌のゴールデンタイム」といわれます。これは、新陳代謝を高めて皮膚のターンオーバーを促す成長ホルモンと、睡眠とが、大きく関わっているためです。

 睡眠には「ノンレム睡眠」と「レム睡眠」の2種類があり、約90分周期のセットで一晩に4~5回繰り返されています。ノンレム睡眠の中でも深い「徐波睡眠」が、実は成長ホルモンの分泌の合図で、上質な睡眠の場合、入眠後の3時間くらいの間にまとめて分泌されます。

 また、アンチエイジングのホルモン「メラトニン」は午前2~4時、抗ストレスホルモンの「コルチゾール」は明け方など、分泌される時間帯が決まっているホルモンもあります。これらを総合して考えると、無理に10時ではなくても、12時までには就寝するのがおすすめです。

 質のよい睡眠を味方につけて、きれいを目指しましょう。

<次のページ> 塗ったまま眠るナイトマスク

2016.09.27(火)
Text=Noriko Masumoto(alto)
Photographs=Hirofumi Kamaya

CREA 2016年10月号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

この記事の掲載号

がんばらなくてもきれいになれる。

CREA 2016年10月号

“楽しくて心地よい”が大事
がんばらなくてもきれいになれる。

定価780円

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!