B級ご当地グルメを競うB-1グランプリで一躍有名になった名物「富士宮やきそば」。その特徴は富士宮市内4つの製麺業者の蒸し麺を使ったコシのあるもちっとした麺。店によって異なるソースの味付けやトッピングが腕の見せ所だ。やきそばを食べられる店は市内に約160店舗もあり、そこかしこにソースの香りが漂っている。ここではその中の4店をご紹介。

» 第1回 日本全国から人が集まる「うるおいてい」
» 第2回 やきそば作って15年の職人技「ゆぐち」
» 第3回 基本の味「富士宮やきそば学会・直営店」

缶ビールを飲みながら
つついて食べたい

◆前島

焼そば 450円(税込)。

 駄菓子屋から始まった富士宮やきそばのルーツともいえる店。鉄板で焼かれたやきそばは、最後に生たまごを落とし、ざっくりかき混ぜて完成する。皿がなく、鉄板にのせたままつついて食べるのが「前島」流。

 麺がだんだんパリパリしてくるのも醍醐味のひとつで、駄菓子屋らしいやきそばだ。

前島
所在地 静岡県富士宮市矢立町195
電話番号 0544-27-6500
営業時間 8:00~18:00
定休日 不定休
アクセス JR富士宮駅から徒歩10分

2017.08.06(日)
Text=Hiroya Ishikawa
Photographs=Ichisei Hiramatsu

CREA 2017年8月号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

この記事の掲載号

夏休みと、ごちそう。

CREA 2017年8月号

47都道府県の旅で見つけた
夏休みと、ごちそう。

定価780円

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!