穀物や野菜を中心とした食事法、マクロビオティック。この連載では旬の食材を使った簡単マクロビレシピを紹介します。オールベジとは思えないしっかりしたおいしさと食べごたえは、週末のブランチや友人の集まるパーティレシピにもぴったり。ストイックになりすぎない「ゆるマクロビ」をはじめましょう。

◆「キャベツ」のマクロビレシピ

キャベツとキヌアのミモザ風サラダ

 「キャベツ」はキャベジンという成分で胃腸薬にも使われていることで知られているように、胃の粘膜を強くする効果があります。この成分はビタミンUに含まれるもの。ビタミンUは加熱に弱いので生で食べるのがおすすめです。春に出まわるキャベツは繊維がやわらかいため、包丁を使わずに手でちぎるとドレッシングがよくいきわたります。

 生食のレシピにはコールスローサラダや即席漬け、千切りキャベツなど、色々とありますが、今回は、高タンパク・低カロリー食材でビタミンB群も豊富な食材、キヌアを春の花ミモザに見立ててミモザ風サラダを作ります。

 ミモザサラダとは通常は卵を使うものですが、ターメリックで色付けして炊いたキヌアを合わせ、ヘルシーで栄養満点のレシピに仕上げました。

 春らしい色合いで食卓が華やぐ一品です。

» 旬の食材/「キャベツ」の詳細

<次のページ> 「キャベツ」のマクロビレシピ

2016.04.01(金)
文=中村恭子
撮影=秋元良平

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!