穀物や野菜を中心とした食事法、マクロビオティック。この連載では旬の食材を使った簡単マクロビレシピを紹介します。オールベジとは思えないしっかりしたおいしさと食べごたえは、週末のブランチや友人の集まるパーティレシピにもぴったり。ストイックになりすぎない「ゆるマクロビ」をはじめましょう。

キャベツの回鍋肉

「キャベツの回鍋肉」マクロビレシピ完成写真

 中華の定番「回鍋肉」を旬のキャベツと厚揚げを使ってヘルシーに、でもしっかりとした味付けでボリューム満点に仕上げます。本来は豚肉で作るお料理ですが、畑のお肉と言われる大豆の加工品の厚揚げと味噌を使うことによってオールベジでもタンパク質たっぷり! その上、消化がよくキャベジン効果で胃腸にも優しい一品です。

 回鍋肉の味の決め手は甜麺醤という中華の甘口のジャンですが、市販品は白砂糖他、添加物使用のものがほとんどです。このレシピでは味噌を使って、お手軽にジャンを手作りします。多目に作って作り置きし、回鍋肉以外にもいろいろな野菜炒めに使ってくださいね。

 甘辛い味付けが癖になる、メインのおかずにもお酒のおつまみにもいける一品です。

【旬の食材】キャベツ

「キャベツの回鍋肉」マクロビレシピ食材写真

「キャベツ」はキャベジンという成分で胃腸薬にも使われていることで知られているように、胃の粘膜を強くする効果があります。この成分はビタミンUに含まれるもの。ビタミンUは加熱に弱いので生で食べることがお勧めですが、加熱する際は軽く蒸す程度にして、火を通しすぎないようにしましょう。

 同様に多く含まれるビタミンCには美肌や便秘の改善、ストレスの緩和に効果があります。またがん予防に効果のあるイソシアネートも含んでいます。マクロビ的には、玉ねぎやカボチャなどと並んでその丸い形状から陰と陽のバランスのとれたエネルギーを持ち、心身のバランスを取る野菜と考えられています。

 甘くて葉肉のやわらかい春キャベツが美味しい季節です。できればカットされたものではなくて、丸ごと買ってたくさん食べてくださいね!

<次のページ> 「キャベツの回鍋肉」のマクロビレシピ

2014.03.28(金)
文=中村恭子
撮影=秋元良平

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!