少年少女文学に登場する“あの料理”を再現

少年少女文学に登場する“あの料理”を再現

『赤毛のアン』を読んだ誰もが憧れた
あの「いちご水」を手作りしてみよう!

 記憶の中に鮮烈に焼きついている、食べもののシーン。見たことも聞いたこともないもの、よく知っているけれど、魅惑的に描写されていたもの。

 その昔、少年少女文学を夢中で読みあさっては、文章の中の料理に想いを巡らせていたという料理ユニット「オカズデザイン」が、想像をふくらませ「ずっと食べたかったあの料理」を作ってみた。

 第2回目は『赤毛のアン』『大どろぼうホッツェンプロッツ三たびあらわる』の2作品から。

» 第1回 「そば粉のパンケーキ」&「マカロニと麦のスープ」&「ぶどうパン」
» 第3回 「ライムのピクルス」&「サクランボケーキ」

『赤毛のアン』×いちご水

「これはすごくおいしいいちご水ね、アン。私、いちご水ってこんなにおいしいものだとは知らなかったわ」

『赤毛のアン』より
ルーシー・モード・モンゴメリ作・村岡花子訳(新潮文庫)

● いちごシロップ

「実は今回一番難しかったのがこれ。どう表現するか迷いましたが、原点に戻り、いちごの季節に仕込んだシロップをイメージしました。写真では大人が楽しめるよう、赤ワインで割っています」

◆材料(作りやすい量 500ml瓶1本分)
・いちご:500g
・砂糖:500g
・無農薬の国産レモン(皮をむき、1cmにスライスする):1個

◆作り方
(1) いちごは洗って水気をしっかりふき、へたを取る。
(2) 消毒した密閉瓶にいちごを入れ砂糖をまぶす。レモンも同様に入れる。
(3) 3日くらいして水分があがってきたら、冷蔵庫で保存する。完全にシロップ状になったらいちごとレモンを取り出して完成。水や炭酸で好みの濃さに割って、ドリンクとしてはもちろん、果物をマリネしたりアイスクリームにかけてもおいしい。

<次のページ> 『大どろぼうホッツェンプロッツ三たびあらわる』×どろぼうのごちそう

2016.01.10(日)

photographs=Shinsaku Kato
styling=Mariko Nakazato

※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

CREA 2016年2月号

同じテーマの記事

もっと見る

FEATURE

もっと見る

GOURMET} 新着記事

もっと見る

  • ILTM
ページの上部へ