今日の絶景

今日の絶景

輝く真鍮の十二使徒像が屋根を飾る
ヘルシンキ大聖堂は街のシンボル

Magnificent View #808
ヘルシンキ大聖堂(フィンランド)

(C) R. Ian Lloyd / Masterfile / amanaimages

 フィンランドの首都ヘルシンキ。高台から街を見守るようにして立つこの大聖堂は、同国の国教、福音ルター派の総本山だ。白亜の壁に鮮やかな緑色のドームが空に映えるネオクラシック様式の建物は、街のシンボルでもある。

 建物は、もともとここにあった小さな教会に代わるものとして、30年以上の歳月をかけて建築された。完成は1852年。当時、フィンランドはロシアの支配下にあったため、時の皇帝からニコライ教会と名付けられた。現在の名称になったのは、1917年の独立後のこと。

 屋根を飾るのは、真鍮の像としては世界最大級を誇る十二使徒の像。自然光がふんだんに入る堂内は、外観に反してかなり質素だが、それがいっそう、荘厳な雰囲気を醸し出している。

 大聖堂の前に広がる石畳の元老院広場は、市民の憩いの場。12月中旬にはクリスマスマーケットも開かれ、多くの人で賑わう。

2015.12.17(木)

文=芹澤和美

同じテーマの記事

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • X BRAND
  • ILTM
ページの上部へ