日にちを入れると、空いている航空券が全部わかる

 「羽田発・香港行き 往復7,886円」。78,860円ではありません。空港使用料や燃油サーチャージが上乗せされて結局は数万円ということもありません。これが最終的な支払額。こうした情報をFacebookにアップしていると、「どこで航空券の価格を調べているのですか?」という質問をよく受けます。

 答えは一択、「スカイスキャナー」(外部サイト)です。

スカイスキャナーを駆使すれば香港の夜景も1万円以下で堪能できる。

 この航空券検索サイトはスコットランドの若手プログラマーが始めたベンチャー企業。2003年末のサイトオープン後、使い勝手があまりにも優れていることから世界30以上の言語に対応するほど成長し、2011年からは日本語サイトもオープンしています。

 スカイスキャナーが優れている理由を5つのポイントにまとめてみました。

(1) 行き先を決めなくても出発地からの最安値がわかる

「スカイスキャナー」(外部サイト)で、目的地を空欄にして検索してみると……

 通常の航空券検索サイトでは最初に行き先を決めないと、料金を調べられません。スカイスキャナーなら、たとえば2016年1月9日~11日の3連休で休みがとれるけれども行き先を決められないとき、「出発地 東京 目的地を空欄 出発日と現地出発日」を選んで検索して、安い目的地から順番に表示させることができます。

検索結果は、安い目的地順に出る。※2015年10月下旬に調査

<次のページ> 1年間で最も安い航空券の価格がわかる

2015.10.29(木)
文=橋賀秀紀

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!