Magnificent View #731
キンバリー・ビッグホール(南アフリカ)

(C) Robert Harding Images/ Masterfile / amanaimages

 南アフリカ西部の内陸都市キンバリーには、人間が手で掘ったものとしては世界最大と言われる穴がある。円周1.6キロメートル、深さ215メートルにもおよぶこの大きな穴は、かつてのダイヤモンド採掘場だ。

 この地で15歳の少年がキラキラと輝く石を見つけたのは、1867年のこと。これこそが、ダイヤモンド原石の発見だ。その子どもから石を譲り受けた行商人の男が、84カラットのダイヤをここで探し出し、巨額の金を得ることに成功。その噂は瞬く間に広まり、国内外から一攫千金を狙った人々がキンバリーに押し寄せた。

 1871年には、ダイヤモンドを求めてイギリスが侵攻、一帯は植民地に。以来、1914年まで採掘は続き、2千トン以上の土が掘り起こされた。

 ダイヤモンドラッシュは過ぎ去り、現在、掘り起こした穴の中にあるのは、溜まった雨水だけ。だが、実は地下にはまだダイヤモンドが眠っているという説も、現地ではまことしやかに囁かれているのだとか。

Column

今日の絶景

この広い地球上には、まだまだ知られざる素晴らしい景色がある。思わず息を飲んでしまう雄大な自然、ミステリーにあふれた驚きの奇観、そして、人間の文明が刻んだ偉大な足跡……。ここに、選りすぐりの絶景をお届けします。さあ、ヴァーチャルな世界旅行へと出かけよう!

2015.10.01(木)
文=芹澤和美

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!