たかせ藍沙の ファーストクラスで世界一周

たかせ藍沙の ファーストクラスで世界一周

南アフリカの広大なサバンナを
ゾウの背に乗ってゆったりお散歩!

 ファーストクラスで世界一周だなんて手の届かぬ高嶺の花かと思いきや、実はちょっとの工夫でリーズナブルに実現することができるんです。アマゾン川、マチュピチュ、ウユニ塩湖、ナミブ砂漠、南アフリカ、オーストラリア、香港、インドネシア……。トラベルライターのたかせ藍沙さんが体験したとっておきの旅を、ここに公開!

「ジャブラニ」(喜び)と名付けられたゾウの大きな背中に乗って、のっし、のっしと南アフリカのサバンナを歩く。エレファント・バック・サファリは「お散歩」という形容がぴったりの、静かでゆったりしたサファリだ。馬よりも高さがあるので、途中で出会ったキリンとは目線が同じくらいの高さ。四輪駆動車とはまったく違う印象のサバンナを楽しむことができる。(撮影=たかせ藍沙)

ゾウの歩みとともに体が上下に揺れる

一列になって歩く。「サファリ」というより、「お散歩」という呼び方がしっくりくる。

 午前中のフライトでヨハネスブルグから北東へ約1時間、フーデスプリットに着いた。そこから次の目的地「キャンプ・ジャブラニ」までは車で約20分。ここから、エレファント・バック・サファリで人気のロッジを目指す。途中、ゲートを通り、カパマ私営動物保護区へ。ここは、南アフリカでもっとも知られるクルーガー国立公園の西隣に位置する。チェックインとランチを済ませ、日差しが和らいできたタイミングで、さっそくエレファント・バック・サファリに参加することに。

左:まずはジャブラニとスキンシップ。こんなに人に慣れていてびっくり!
右:鼻に触らせてもらった! よく動くのでやわらかいのかと思ったら、意外とごわごわしていて堅かった。

 メイン棟から徒歩20メートルほどの場所に、ゾウに乗るためのプラットホームがある。そこに、ゾウたちがのっしのっしとやってきた。滞在ゲストのところに、そのうちの1頭が近づいてきた。ロッジ名にもなっている「ジャブラニ」と名付けられたゾウだ。「ジャブラニ」とは、「喜ぶ」を意味するという。

 そこで鯉の餌を大きくしたような餌を渡された。ジャブラニの鼻先に差し出すと、器用に鼻でつまんで口に入れる。そして、一緒に写真を撮ったり鼻に触ったりすることができる。なんてやさしい眼差し! 背中に乗る前から感動してしまった(笑)。でも、本番はここから。やぐらからゾウの背中に乗って、いざ、出発!

ジャブラニが頭の上で鼻をトントンと上下させ、ゾウ使いのフォスターさんに餌をねだった。とうもろこしから作ったという餌を鼻に入れると、器用に口に運んで食べた。

 ラッキーにも、私はジャブラニに乗せてもらうことができた。ゾウ使いのフォスターさんの後ろに乗り、ゆっくりと歩き始めた。ウィロウィロでのホースライディングよりも高いので見晴らしは抜群だ。

 少し歩いたところでキリンと遭遇。通常なら見上げてしまうキリンも、目線が同じくらいの高さなので、サバンナの風景が違って見える。ゾウの歩みとともに身体が上下に揺れるのも楽しい。エンジンの音がしないので、ほかの動物たちもこちらを気にしていない様子。四輪駆動車でのサファリもエキサイティングだけれど、エレファント・バック・サファリは、もっと自然に寄り添っている感覚だ。

水辺に近づいたところで、ちょうど夕陽が沈んだ。夕陽をバックに歩くゾウのシルエットが美しい!

 ゾウ使いのフォスターさんは、ジンバブエ出身。ジャブラニと同じくジンバブエからやってきたという。でも、ジャブラニ担当というわけではない。ゾウ使いとゾウの組み合わせは毎日変わるという。ゾウがひとりのゾウ使いに慣れてしまうと、もし、ゾウ使いがロッジを辞めたときに、ゾウは他の誰にも心を許さなくなってしまうからだ。

 そんな話を聞いていたら、ジャブラニが鼻で餌を催促してきた。「お腹が空いてるのね」というと、「彼はいつもお腹が空いているんだよ」と。ジャブラニにはまだ彼女もいないのだとか。早く見つかるといいな。

エレファント・バック・サファリが終わると、ロッジのスタッフたちがカナッペと飲み物で「サンダウナー」を用意して待っていてくれた。

 1時間ほど歩いたところに別のプラットホームがあり、そこでゾウから降りる。すると、そこにはカナッペと飲み物でひと休みするための「サンダウナー」が用意されていた。夕陽を眺めながら、滞在ゲスト同士でゾウに乗った感動を共有できるのだ。イギリス人の男性は、オーストラリアに留学中の娘とその友人と、ケープタウンで待ち合わせしてここに来たのだという。なんとスケールの大きな待ち合わせだこと! そんな時間を過ごした後は、四輪駆動車でロッジへと戻る。

こちらは別の日に、四輪駆動車でのサファリ中に出会ったジャブラニたち。人を乗せていないときでも「お散歩」は欠かせないのだという。

<次のページ> ライオンと目が合うほどの接近大遭遇!

2015.07.24(金)

文・撮影=たかせ藍沙

同じテーマの記事

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • X BRAND
  • ILTM
ページの上部へ