新しい風が吹く南アフリカへ

新しい風が吹く南アフリカへ

南アフリカの野生動物保護区で
ワイルドライフ体験

都心から2時間の野生動物保護区でゲームドライブ

 南アフリカを旅するなら、「野生動物に会いたい!」と多くの人が思うはず。どっぷりと動物三昧に浸るのなら、アフリカを代表する野生動物保護区、クルーガー国立公園への旅が王道。だが、南アフリカ一番の人気観光地であるケープタウンをメインに旅する人にとっては、時間とコスト面を考えるとなかなか足を延ばしにくい。そんな人には、都心から日帰りで行ける野生動物保護区がおすすめだ。

はるばる遠くまでいかなくても、都心のそばでワイルド体験は可能

 クライン・カルー地方にあるアキラ私営動物保護区には、大型野生動物のビッグ5(ライオン、ゾウ、サイ、ヒョウ、バッファロー)が生息している。ケープタウンから約2時間なので、日帰りツアーも可能だ。早朝にケープタウンを出発し、現地で朝食を済ませてから、約2時間半のゲームドライブを堪能し、その後はロッジで昼食。それから帰路についても、グルメの街ケープタウンでのディナーには十分間に合う。

アキラ私営動物保護区。4つ星のロッジもあり、快適な滞在も可能だ(写真提供/Aquila Private Game Reserve)

 滞在地がケープタウンであっても、ほとんどの人が、南アフリカの玄関口であるヨハネスブルグ空港を経由することになる。アフリカ最大のこの都市から、なんと車で1時間という至近距離にあるのが、ライノ&ライオン自然保護区。世界遺産「南アフリカの人類化石遺跡群」の中にある自然保護区で、ヨハネスブルグでもトップ5に入る人気スポットだ。

ゲームドライブ中、何度も動物たちの群れに出会う

 この自然保護区の一番の特徴は、数頭のホワイトライオンがいること。ほかに、白サイやバッファローなど、30種、600頭を越える動物たちが暮らしている。

繁みに隠れるライオンと目が合ったり、すぐそばまでワイルドドッグが寄ってきたり。動物との距離は近い

 野生動物を見る方法は、他の保護区と同様、オープントップの4WDに乗り、ブッシュを巡るゲームドライブ。案内するレンジャーは、とてもフレンドリーで頼もしい存在だ。動物や植物に関する豊富な知識を身につけていて、遭遇する動物について、ていねいに教えてくれる。ゆっくりと、簡単な言葉で説明をしてくれるので、英語が堪能でない人でも十分に楽しめるだろう。

熟練レンジャーの運転する4WDで保護区内をゲームドライブ

 池で水を飲むサイの親子、大地を駆け抜けるシマウマ、繁みでじっとこちらを見つめるライオン……。目の前で繰り広げられるのは、野生の王国そのものの光景。たっぷりとワイルドライフ体験を楽しんだ後は、ヨハネスブルグの快適なホテルが待っている。

ヨハネスブルグからわずか1時間の野生の王国

Rhino & Lion Nature Reserve
所在地 520 Kromdraai Rd. (D540), Kromdraai, Krugersdorp
電話番号 +27-11-957-0109
URL  http://www.rhinolion.co.za/

<次のページ> 気球に乗って上空からサファリ見学

2014.01.02(木)

同じテーマの記事

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • ILTM
ページの上部へ