今日の絶景

今日の絶景

カトマンズの風に揺れる5色の旗は
どんなご利益をもたらしてくれる?

Magnificent View #546
ボダナート(ネパール)

(C) Robert Harding Images / Masterfile / amanaimages

 ネパールの首都カトマンズにある、高さ約36メートルのボダナートは、ネパール最大のチベット仏教のストゥーパ(仏塔)だ。ここは世界のチベット仏教の中心地であり、仏舎利(ブッダの骨)も埋められている。

 訪れてまず目にするのは、ご覧のような、塔頂から四方八方に広がる色とりどりの旗。これは「タルチョ」という経文が書かれた祈祷旗で、風で揺れるたび、お経を唱えるのと同じ効果をもたらすといわれている。旗は5色あり、黄色は地、緑色は水、赤色は火、白色は風、青色は空を表すのだそう。

 チベット仏教徒にとっては聖地であり、旅行者にとっては異文化を感じることができるボダナート。その周辺には、土産物店や宿も立ち並び、つねに多くの人でにぎわっている。

2015.03.30(月)

文=芹澤和美

同じテーマの記事

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • ILTM
ページの上部へ