今日の絶景

今日の絶景

仏陀の遺髪が眠るという
黄金に輝くミャンマーの仏塔

Magnificent View #234
シュエサンドー・パヤー(ミャンマー)

(C) Albert Normandin / Masterfile / amanaimages

 シュエサンドー・パヤーは、現地の人々からの信仰を集める重要な巡礼地だ。

 この仏教寺院があるのは、ミャンマー中部のピイという街を見下ろす丘の上。荘厳な黄金の仏塔は、ヤンゴンのシュエダゴン・パヤー、バゴーのシュエモード・パヤーと並び、ミャンマー3大仏塔のひとつに数えられる。

 この塔の中には、仏陀の遺髪が安置されていると伝えられる。そもそも、シュエサンドーという名前自体が、「金色の遺髪」を意味するのだそう。

 ピイは、ミャンマー最大の都市ヤンゴンと、2000を超える仏塔が林立するバガンという2大都市のちょうど中間に位置する。イラワジ川に面した水運の要衝であり、近郊には、7世紀から8世紀にかけてこの地に都を構えたピュー王朝のさまざまな遺跡が残る。

2014.05.22(木)

同じテーマの記事

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • X BRAND
  • ILTM
ページの上部へ