今日の絶景

今日の絶景

煙あふれるマラケシュの広場は
モロッコの混沌とした文化の交差点

Magnificent View #547
ジャマ・エル・フナ広場(モロッコ)

(C) Robert Harding Images / Masterfile / amanaimages

 モロッコを代表する都市マラケシュの旧市街にあるジャマ・エル・フナ広場は、毎夜、屋台や大道芸人で大いににぎわう。2011年にはこの空間そのものが、ユネスコの無形文化遺産に登録された。

 イスラム王朝の都としてマラケシュが築かれたのは、11世紀後半のこと。以降、あらゆる地域から人が集うこの広場は、文化の交差点としての役目を果たしてきた。

 広場が日で一日で最も活気づくのは、夜。夕方になると屋台がたちはじめ、あたりが暗くなる頃には、無数の屋台から立ちこめる煙で一帯の空は真っ白になる。大道芸の奏でる音と煙と人の声が入り乱れる様子は、まさに、混沌という言葉がぴったり。

 そんな独特の世界が見られることから、外国人旅行者にも人気の場所だったここも、近年は治安が極端に悪化。広場に面したレストランやカフェなどから、この風景を遠目に眺めるというツアーも登場している。

2015.03.31(火)

文=芹澤和美

同じテーマの記事

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • ILTM
ページの上部へ