今日の絶景

今日の絶景

国家的悲願のダム完成で生まれた
エジプトの瀟洒なリバーリゾート

Magnificent View #527
アスワン(エジプト)

(C) Miles Ertman / Masterfile / amanaimages

 エジプト南部の都市アスワンは、街の名前よりも、近郊にあるダムの方が有名かもしれない。ダムの名前は、「アスワン・ハイ・ダム」。1970年に完成した巨大ダムだ。

 年間の降水量に大きく差があり、古代から洪水と干ばつに悩まされてきたエジプトでは、ナイル川の水量コントロールが長年の悲願でもあった。ダムの建設計画が浮上したのは1950年代。当時の大統領が、建設費確保のためスエズ運河を国有化し通行料を取ると宣言すると、フランス、英国、イスラエルが反発、第2次中東戦争の引き金にまでなったという。

 完成までには紆余曲折あったものの、ダムのおかげでナイル川の水量は変化がなくなり、安定した水運のルートとして利用されるように。近年は、豪華客船によるナイルクルーズも人気だ。世界中のセレブが訪れるホテルも誕生、アガサ・クリスティが『ナイルに死す』を執筆した名門ホテル「オールド・カタラクト」もある。

2015.03.11(水)

文=芹澤和美

同じテーマの記事

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • X BRAND
  • ILTM
ページの上部へ