台湾ではB級グルメメニューを台湾小吃(シャオチー)と呼びます。台湾グルメを楽しむ際の必食アイテムの数々を皆さんに順次ご紹介。第一弾はお手軽ガッツリご飯として台湾でも屈指の人気メニューの「胡椒餅(フージャオビン)」特集です。まずは基本情報をQ&A方式でご紹介しますね。

Q 胡椒餅って何?

A 胡椒をたっぷり使って作った豚ひき肉と葱の餡を小麦粉などで作った皮で包み、インドのナン同様に高温の窯に貼り付け焼いた窯焼き肉まん。焼き上がりまで約30分かかり、一度にたくさん作れない為出来あがり即完売という事も多々ある人気の台湾小吃。肉のうまみがしっかり包みこまれ皮の中は肉汁タップリ。直接かじるとヤケドする程熱いので手でちぎりながらちょっとずつ食べるのがコツ。

胡椒餅を割ると肉汁が溢れるので注意!

Q いくらぐらい?

A 店によっても異なりますが大体1つ40元~50元(約120円~150円)ぐらいが相場。この金額は屋台系台湾小吃の相場料金でもあります。いかに安く、美味しく食べれるか? を追求したメニューが台湾小吃なのです。この金額を目安に皆さんも台湾小吃食べ歩きを楽しんで下さい。

窯に貼り付けられ焼き上がりを待つ胡椒餅

Q 大きさは?

A 握りこぶし1つ分ほどの大きさです。かなり食べ応えあり。女性の場合は1つを2人で半分ずつにしてもお腹一杯になるのでは? というぐらいのボリュームです。粉モノメニューでもあるので食べる量は上手に調整しましょう。

Q 台湾の人達はどんな時に食べるの?

A ランチまたは夕食メニューの中の一品としてよく食べています。ランチの場合は1つで十分お腹一杯になるので手軽にガッツリ食べたい時のメニューとして人気。夕食の場合は、屋台巡りなどの際に食べ歩きの中の一つのメニューとして良く食べています。

 これで皆さんも「胡椒餅」とは何か、簡単におわかりいただけたのではないかと思います。日本ではなかなかお目にかかることが出来ないこの胡椒餅、是非味わってみてください!

次のページ お薦め店は? また美味しいお店を見分けるコツは?

2011.10.12(水)

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!