はじめまして! 今月からCREA WEBで台湾の現地生情報を発信させていただくことになりました矢作です。

 早速ですが、記念すべき第1回目の台湾ネタのテーマは何にしよう? と、悩んだ挙句選んだのが「かき氷」です。

マンゴーかき 氷雪花片(シュエファーピェン)または雪片(シュエビェン)

 日本でも、多くの情報誌で「マンゴーかき氷」が紹介されていると思います。

 でも、このマンゴーかき氷、一年中食べられるものではないと知っていますか? 

 フレッシュマンゴーは台湾でも5~9月しか市場には出回らないので、実はこの時期を逃すと食べられないのです。冷凍保存したマンゴをーを冬場に出しているお店もチラホラありますが、鮮度が低いので、本物のマンゴーかき氷の味を楽しむには、5~9月に味わっていただくしかありません。

 今なら間に合いますので、食べたいという方は必ず9月までに台湾にいらしてくださいませ!

 しかし……9月いっぱいあるとも限りません。こればかりは、どうしても天候が影響します。マンゴーの産地に電話で直撃質問をしてみたところ、「今年は9月中旬ぐらいで終わりかなぁ」という情報を得たので、このコラムの読者の方にだけそっとお教えいたします。 

2011.09.06(火)

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!