古関千恵子の世界極楽ビーチ百景

古関千恵子の世界極楽ビーチ百景

パプアニューギニアのリゾートで
珍獣と出会い銀色の魚と泳ぐ

#28 Madang
マダン(パプアニューギニア)

知られざる秘境リゾートは意外と近い!

穏やかな水面の下にはラジカルな水中世界が広がっています。(C) 鎌田多津丸

“パプアニューギニア”と聞くと、とんでもない秘境を想像しがち。距離的にも、文化的にも、とても遠い未開の地のような……。それが、実は、日本から直行便でわずか約6時間30分で行けるんです。オーストラリアの上、赤道のほぼ真下に位置するパプアニューギニアは、南半球の国々の中でも日本から行きやすく、また、おなじみハワイへ行くよりも時間的に近い!

 国際空港のある首都ポート・モレスビーは高層ビルが建つ都会ですし、人々は普通の洋服を着て、ビジネスマンはスーツ姿です。サバイバルな覚悟で訪れたりすると、あらぁ? と肩透かしを食らってしまうかも。

海辺に佇むマダン・リゾート。客室の窓の手すりにくちばしの大きなサイチョウの仲間が飛んできて、びっくりさせられたことも。

「さすがに、リゾートはないでしょう?」

 いえいえ、あるんです。リゾートエリアの代表格は、ポート・モレスビーから国内線で約1時間、ニューギニア島の北東に位置するマダン。ビスマルク海(太平洋)に面する街で、入り組んだ海岸線の向こうには大小の島々が浮かび、内陸側の遠くには雲が中腹にかかった山脈が続いています。

リゾートから町へ繰り出せば、こんな屋外マーケットも。(C) 鎌田多津丸

 リゾートホテルは素朴なテイスト。快適に過ごせるお部屋があって、おいしい料理がいただけるレストランがあって、美しい自然に恵まれているのが基本形。少しずつ改装を重ね、メンテナンスを行い、大切にリゾートを育てている感じが伝わってきます。ちなみに、セミ水上コテージのあるリゾートもあります。

町の中心部にある背の高い木。枝にはびっしりとフルーツバットが。

 そんなマダンは、専門家が涙して喜ぶような珍しい動植物の宝庫です。

 「マダンクィーン」という蝶や極彩色の極楽鳥、ダチョウに角を生やしたようなヒクイドリ、有袋動物のポッサムなど、日本なら動物園クラスの生き物がリゾートでペットとして飼われていたりします。ふと巨大なレインツリーを見上げれば、葉っぱのように見える茂みがすべてフルーツバットというコウモリだったりすることも。なにかの音をきっかけに一斉に飛び立つときの迫力(恐怖に近いかも!?)といったら……。

<次のページ> 銀鱗系の魚たちがわんさか群れるワイルドな海

2014.10.18(土)

文・撮影=古関千恵子

同じテーマの記事

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • X BRAND
  • ILTM
ページの上部へ