京都では、あまたのギャラリーがその個性を競っている。漆器や陶器、木工品、そして宝飾品など、手仕事ならではの珠玉の美に触れることのできる素敵なお店をご紹介。


新しい風を予感させる
開放感溢れるギャラリー

●essence kyoto
(エッセンス キョウト)

清々しい空間。

 長く海外に暮らした荒谷啓一さんと妻の里恵さんが、日本の手仕事で作られる器やお茶などを、広く国内外に紹介したいと2018年11月に開いたギャラリー。

伊藤環の錆銀彩ランプシェード 23,000円。

 「まだ触れたことのない若い人や海外の方にも知ってもらい、使って欲しいので、シンプルで上質、現代的な感覚に合ったものを選んでいます」と啓一さん。

小野哲平の器。どの国の人にも使いやすいよう、大皿やスープボウルなどを中心にセレクト。

 大きな窓の外に琵琶湖疏水を眺めるゆったりとした空間には小野哲平や二階堂明弘などの人気作家や、安藤由香や打田翠ら若手作家の器、信頼できる生産者のシングルオリジンの茶葉、「かみ添」に別注した唐紙の便箋などが静かに並ぶ。

オリジナルの茶葉。左から紅茶やぶきた 60g 2,500円、緑茶あさのか 80g 3,000円。

 手仕事の魅力を改めて実感させるものが揃っている。

木工作家、吉川和人の栗の木のハンガー 5,000円。

essence kyoto
(エッセンス キョウト)

所在地  京都市左京区岡崎円勝寺町36-1 2F
電話番号 075-744-0680
営業時間 11:00~19:00
休業日 月曜(臨時休業あり)

Feature

店主の美意識に惹かれる
京都のギャラリーへ

Text=Mako Yamato
Photo=Takashi Shimizu

この記事の掲載号

あらためて京都

CREA Traveller 2019年春号

今になって知る。 素敵な仕掛け
あらためて京都

定価1,110円 (税込)

詳しくは
こちらへ

CREA Traveller 2019年春号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在は異なる場合があります。