その先の贅沢を求めて
美しき春の南会津へ

 日光のラグジュアリーな魅力を毎号お伝えしてきたシリーズ連載「LUXURY NIKKO」。今回は特別編として日光のその先、南会津へと足を延ばします。

 里山の風景が広がり、美味・美湯・美景に恵まれたこの地方は、日本の春を満喫する最高の場所なのです。

雄大な自然に囲まれた湯野上温泉で、約20年にわたって美味を提供してきた「シェ・やまのべ」。優美な空間で料理を堪能する上質なひとときには、気品あるバッグをお供に。1887年、ロンドンで創業した“スマイソン”は、3つのロイヤルワラントをもち、グレース・ケリーらも愛した栄光のブランド。特別な美食時間に、さらなる優雅を添えてくれる。“PANAMA”クロスボディバッグ 104,760円/スマイソン(ヴァルカナイズ・ロンドン 電話番号:03-5464-5255)

秘境・湯野上温泉で
絶佳の風景、美味、温泉を堪能

 南会津への旅は、その車窓も大きな楽しみだ。浅草駅から東武特急「リバティ会津」に乗って約3時間30分。

 800年余の歴史を誇る祇園祭の町・会津田島で乗り換えて、目指すは湯野上温泉。沿線には美しい里山の景色が広がり、窓の外いっぱいに展開される日本の原風景は、癒やされ度満点だ。

 やがて列車はのどかな音を響かせながら、湯野上温泉駅に到着。春にはホームのソメイヨシノが満開となり、日本で唯一の茅葺き駅舎が鄙な旅情を醸し出す。

構成・文=矢野詔次郎
撮影=小野祐次

この記事の掲載号

あらためて京都

CREA Traveller 2019年春号

今になって知る。 素敵な仕掛け
あらためて京都

定価1,110円 (税込)

詳しくは
こちらへ

CREA Traveller 2019年春号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在は異なる場合があります。