約400年の昔へと
タイムトリップ!

国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されている大内宿。江戸の昔から守られてきた家並みが見事。現在ではその多くがお土産ものや郷土料理を提供するお店となっていて、散策する旅行者を楽しませている。湯野上温泉駅から車で約10分、バスで約20分(冬は冬期ダイヤで運行)。

 さらに、周辺の見どころとして必訪なのが大内宿。1640年ごろに宿場町として開かれ、その当時の面影が奇跡のように受け継がれている。

 築400年の建物も今なお残り、江戸の昔へとタイムトリップした気分を楽しめる。

大内宿名物といえば、1本の長ねぎをお箸代わりにして食べる豪快な“ねぎそば”。ぜひお試しを!
茅葺き駅舎が風情たっぷりな会津鉄道 湯野上温泉駅。例年ゴールデンウィークごろにホームの桜が満開となる。

 なお、東武日光駅からは会津若松まで直行する快速「AIZUマウントエクスプレス」も毎日2本が運転中。

 日光からその先、南会津で出会う新しい旅の贅沢。のんびり列車に揺られながら、その至福を体感しに出かけたい。


こだわりコーヒーでひと休み

[大内宿] 
茶房やまだ屋
Sabo Yamadaya

 大内宿散策の途中でひと休みするなら、こちらのカフェへぜひ。

 会津若松“ラバーズコーヒー”のオリジナルブレンドなど、こだわりのコーヒー(450円)が、会津本郷焼のカップで供され、上品な甘さの米粉シフォンケーキ(600円)なども美味。

 店内にはセンスのいいお土産アイテムも並び、会津を中心に福島県のいいものに出会える楽しい空間だ。

茶房やまだ屋

所在地 福島県南会津郡下郷町大字大内字山本46
電話番号 0241-68-2943
営業時間 9:00~17:00
定休日 不定休
http://ouchijyuku.com/

構成・文=矢野詔次郎
撮影=小野祐次

この記事の掲載号

あらためて京都

CREA Traveller 2019年春号

今になって知る。 素敵な仕掛け
あらためて京都

定価1,110円 (税込)

詳しくは
こちらへ

CREA Traveller 2019年春号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在は異なる場合があります。