毎年大好評のCREA「ひとり宿」特集が、2019年も発売になりました。その中から、特に注目したいこの1年間にオープンした施設についてレポートしたページを特別に転載。誌面には掲載できなかった情報も加え、たっぷりご紹介します。


●箱根本箱
[神奈川・箱根強羅温泉]

本棚と本読みスペースがいっぱい
とっておきの一冊が見つかる

 この後の雑事はない、急かされることもない。立っても座っても、なんならベッドででもいい。くまなく、心おきなく、泊まりがけでとっておきの本を選ぶ。待っているのは極上の「食べて、寝て、憩う」だけ。

 もともと、出版の流通会社「日販」の保養所だった場所をリノベーション。新潟の「里山十帖」を経営する「自遊人」との協働でプロジェクトチームを組み、3年の歳月を経て2018年夏、完成した。

 ロビーやラウンジ、ショップはもちろん、廊下や部屋にまで、そこかしこにある1万2,000冊の本、本、本。

 「ここにある本で、買えない本は一冊もありません」とスタッフの窪田美穂さん。

 日販のブックディレクションチーム「ユアーズ・ブックストア」をディレクターに、個性派書店や著名人による様々なテーマや視点で選ばれた「読み物として面白い」タイトルが交錯する。

 エッジの効いた選書に夢中になり、気づけば本の森に入っていくような、新しい自分を発見するような体験に感動。

 気になった本を手にとると、その隣の本も気になったり。目的買いでない読書の楽しみを思い出させてくれる。

2019.02.04(月)
文=山村光春
撮影=衛藤キヨコ

CREA 2019年2・3月合併号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

この特集の掲載号

ひとり温泉、ひとり宿。

CREA 2019年2・3月合併号

ほっとする旅館から最新のホテルまで
ひとり温泉、ひとり宿。

特別定価800円

好評の「ひとり温泉」特集。調べてみると、ひとりに優しい宿が、驚くほどたくさんありました。注目ホテルのオープンが続く今年は、宿に詳しい50人以上の方に、おすすめの温泉やホテルを伺い編集部が徹底取材へ! 新しい魅力と発見がいっぱいでした。

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!