各国のセレブリティが訪れる
新レバノン料理レストランも

Jumeirah at Etihad Towers
(ジュメイラ・アット・エティハド・タワーズ)

名所の「オブザベーション・デッキ・アット300」も館内に。

 建物はアブダビのイメージを代表する超高層ビル群「エティハド・タワーズ」の一棟であり、客室からはダイナミックな湾岸の風景を眺めることができる。発展し続ける首都を牽引するようなホテルだ。

開放感溢れるラウンジではアラブの民族衣装をまとったスタッフがサービスに努める。
落ち着いた内装のエティハド・スイート。窓からの眺めも抜群。

 空中都市として開発された複合ビル群にあるため、施設の充実ぶりは際立っている。ダイニングはバーも含め12軒。

 カジュアルなラウンジから、各国のセレブリティも訪れる新レバノン料理レストラン「リ・ベイルート」まで揃い、食の楽しみは尽きない。

左:「リ・ベイルート」。ローマ時代の遺跡などレバノンを写した写真シリーズが壁を飾る。この作品をはじめ、館内には首長家所有のアートが多数、展示される。
右:「リ・ベイルート」のシェフ、ジョウニ・イブラヒム氏。
「リ・ベイルート」より。ひき肉のクロケット“クッバ”115UAEディルハム(写真左)、ナスの前菜 40UAEディルハム(写真右)。
地上74階「オブザベーション・デッキ・アット300」で空中アフタヌーンティーを。250UAEディルハム~。

 オリジナルブランドのスパは13の個室を備え、アラブの伝統的なトリートメントを含めたメニューを多彩に用意。

「タリーズ・スパ」の「ハマム・スイート」は首長家の殿下もご愛用。

 街巡りには絶好のロケーションとなるアル・バティーン地区にありながら、メインプールの先にはプライベートビーチも広がる。

心地よい潮風が抜けていくメインプール。

 UAEの首長家由来となるジュメイラは、特別な存在感を放つホテルブランドだ。

 2018年11月には、サーディヤット島の海辺にもリゾートをオープン。また一つ、アブダビで泊まるべきホテルが増えた。

Jumeirah at Etihad Towers
(ジュメイラ・アット・エティハド・タワーズ)

所在地 West Corniche, Abu Dhabi
電話番号 2-811-5555
客室数 382室
料金 エティハド・スイート 5,220UAEディルハム~、クラブ・スイート 3,420UAEディルハム~
https://www.jumeirah.com/

Feature

アブ ダビで泊まりたい
珠玉のホテル

Text=Masami Uwabo
Photo=Koichi Imabayashi
Coordination=Hideo Teramoto

この記事の掲載号

知られざる世界美術館の旅

CREA Traveller 2019年冬号

知られざる
世界美術館の旅

定価1,110円 (税込)

詳しくは
こちらへ

CREA Traveller 2019年冬号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在は異なる場合があります。