自分のためのお弁当だから、人目を気にせず、気の向くままに。好きなものだけを詰め込んだっていいし、おかず2品だってもちろんOK! つむぎやのマツーラユタカさんが、マイ弁当のための楽ちんレシピを考案してくれました。


鶏むね肉を攻略することが
お弁当ライフの充実の鍵

 おぉ! とフタをあけたときの高揚感。このアガる気持ちが、お弁当を毎日続けたくさせるもの。そして長く続けていくからこそ、コストも安く済ませられたらうれしいもの。

 そんなわけでお弁当ライフにマスト食材となるのが鶏のむね肉だ。お財布にもやさしくて、低カロリーな上に高タンパク! 弁当女子にこそおすすめしたい食材なのです。

 鶏むね肉は、パサパサしやすいイメージがあるけど、下ごしらえの時にひと工夫。表面に砂糖をふってもみこみ、その上で小麦粉や片栗粉をまぶしてあげると、しっとり感をキープできるのだ。

 小麦粉をはたいて表面にとろみをつけて、そこにケチャップベースのソースを絡ませる。簡単だけど、ごちそう感満点の一品の出来上がり!

 この下ごしらえ方法を使いつつ、ソース部分をアレンジしていけば、鶏むね肉レシピはいろいろ展開できる。お弁当ライフがどんどん充実していきますよ~。

2019.01.04(金)
文=マツーラユタカ(つむぎや)
撮影=平松市聖

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!