自分のためのお弁当だから、人目を気にせず、気の向くままに。好きなものだけを詰め込んだっていいし、おかず2品だってもちろんOK! つむぎやのマツーラユタカさんが、マイ弁当のための楽ちんレシピを考案してくれました。


夜仕込んで朝、楽ちん
王道食材、鮭が劇的うまし!

 お弁当の定番食材として君臨する鮭。これさえ入っていれば、ごはんがススム、絶大なる安心感がある一方で“いつものヤツ感”があると言えばある。

 そんな鮭を劇的進化させてくれるのが、今回紹介する「鮭の焼き漬け」。焼いた鮭を、ほんのり酢を効かせたしょうゆタレに漬けておく。さっぱり上品に、おいしさがグレードアップするのでございます。

 焼き立てではなく、しばらく時間を置いてからがぐっとおいしくなるレシピ。作り置きできるから、うまうま便利。最高にお弁当向きなメニューなのです(あっ、おつまみにも!)。スーパーで切り身が安く売られている日にストックしとこー!

 甘塩タイプの鮭でもつくれるし、秋は生鮭もおいしい季節。生鮭でもつくれるよう2通りの分量を公開します。

 付け合せは、ストック食材の切り干し大根をさっぱりとマリネして。酢を効かせた鮭と調和する味。こちらも作り置きOK。朝、ごはんの上にのっけるだけの楽ちんレシピというワケ。ヘビーローテーション間違いなし! みなさまぜひお試しください。

2018.09.22(土)
文=マツーラユタカ(つむぎや)
撮影=平松市聖

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!